無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

2,402
2019/10/12

第5話

テソク
ナムジュン
ナムジュン
なあ、なんであなたに冷たいの?
ホソク
ホソク
ツッ
テヒョン
テヒョン
ヒョン、僕からいいですか?
ホソク
ホソク
(。_。`)コク
テヒョン
テヒョン
僕は

防弾少年団に入る前付き合ってた女の子はみんな顔目当てなんだなって分かってました
だから女の子が苦手で...
ナムジュン
ナムジュン
そうか.でもみんながみんなそんな訳ではないよ?あなたのこと知らないまま決めつけてもいいの?
テヒョン
テヒョン
うっ
テヒョン
テヒョン
謝ってきます
ナムジュン
ナムジュン
テヒョンはあなたの所へむかった
ホソク
ホソク
、、、
ナムジュン
ナムジュン
ホソクは?
ホソク
ホソク
僕は、、、
悩みがありました、でもあなたさんがそんな時に来てあなたさんは楽しそうだし悩みもなさそうだったからつい,
ナムジュン
ナムジュン
そうか、悩みなら聞くよ?
ホソク
ホソク
うっ(;_;)
ホソクは悩みを話した
ナムジュン
ナムジュン
悩みに気づけなくてゴメンな,
ホソク
ホソク
ううん😆大丈夫!今からあなたさんに謝ってくる!
ホソク元気になりました
テソク)あなたー