無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

第26話

みちきょへ💗💜🔞🔞
2,675
2022/03/22 05:26
道枝side

早速恭平をベッドに押し倒す

ドサッ!
道枝(高橋)恭平
道枝(高橋)恭平
んむぅ(/// ^///)駿佑ゆっくりしてね
道枝駿佑
道枝駿佑
おん!
そう言いながら恭平の服を脱がす!

バサッーーーー
道枝(高橋)恭平
道枝(高橋)恭平
んむぅ(/// ^///)恥ずい
恭平の乳首の周りを撫でる……
道枝(高橋)恭平
道枝(高橋)恭平
んむぅ(/// ^///)んはっあっあっあうっ
道枝駿佑
道枝駿佑
薬効いてきたんかな(*^^*)
道枝(高橋)恭平
道枝(高橋)恭平
ふぇっ(/// ^///)んぁっ薬って?
道枝駿佑
道枝駿佑
さっき俺があげた麦茶に媚薬入れたんよね(*^^*)
道枝(高橋)恭平
道枝(高橋)恭平
ふわぁっだからかなんか身体暑いと思ってんの(/// ^///)
道枝駿佑
道枝駿佑
恭平かわいい♡♡
さらに乳首の周りをなぞる
道枝(高橋)恭平
道枝(高橋)恭平
んぁっあっあっあっあっあっあっあっ
恭平のアソコももっこりしてる/////
触って欲しそうにしとるね(*^^*)

オネダリさせてみようかな?
道枝駿佑
道枝駿佑
恭平ここめっちゃおっきくなってるやん(*^^*)どうして欲しい?
道枝(高橋)恭平
道枝(高橋)恭平
んぁっあっ僕のおちんちんとアナルめちゃくちゃにしてください(/// ^///)早く駿佑の欲しいからぁ入れてください//////////
道枝駿佑
道枝駿佑
やばいホンマにえろ過ぎやわ(/// ^///)そっちから誘ったんやらかね(*^^*)
道枝(高橋)恭平
道枝(高橋)恭平
んむぅ(/// ^///)
指を入れて恭平の中を慣らすと同時におチンチンも触ってあげると……………………
道枝(高橋)恭平
道枝(高橋)恭平
んぁっあっあっあっあっあっ気持ちいい〜
道枝駿佑
道枝駿佑
やばいホンマにえろ過ぎやわ(/// ^///)
ぱちゅぱちゅぱちゅぱちゅぱちゅぱちゅぱちゅぱちゅクチュクチュクチュクチュクチュクチュ
道枝(高橋)恭平
道枝(高橋)恭平
んぁっあっあっあっあっあっあっあっ早く駿佑の欲しぃ〜♡♡
道枝駿佑
道枝駿佑
我慢できへん(/// ^///)俺も入れるで!
道枝(高橋)恭平
道枝(高橋)恭平
おんええよ来て〜
ズプッズプッズプッズプッズプッズプッズプッズプッズプッズプッズプッズプッズプッズプッ
道枝駿佑
道枝駿佑
はぁ〜恭平の中ネチネチして熱くて締め付けがすごい♡♡
道枝(高橋)恭平
道枝(高橋)恭平
んはっあっあっあっあっあっあっあっあっ駿佑〜♡♡
駿佑のをさらに締め付ける……キュンキュンキュン
道枝駿佑
道枝駿佑
はぁ〜そんなに締め付けんといてよ//////////
やばい中に出ちゃうて汗汗恭平ホンマに離して/////
道枝(高橋)恭平
道枝(高橋)恭平
駿佑〜大丈夫やで中に出してぇ〜/////
道枝駿佑
道枝駿佑
ホンマにええの?妊娠してもしらんで?恭平の事孕ませてもええの?
道枝(高橋)恭平
道枝(高橋)恭平
んむぅ……沢山僕の中に駿佑の精液ちょーだい♡♡
道枝駿佑
道枝駿佑
もうほんまに知らんで(*^^*)
この時の恭平の言ったことで俺の中の何かが切れた♡♡

めっちゃ腰動く動く(*^^*)

ぱちゅぱちゅぱちゅぱちゅぱちゅぱちゅぱちゅぱちゅぱちゅぱちゅぱちゅぱちゅぱちゅぱちゅぱちゅぱちゅ
道枝(高橋)恭平
道枝(高橋)恭平
んむぅあっあっあっあっあっイクイクイクーーーー♡♡
ぱちゅぱちゅぱちゅぱちゅぱちゅぱちゅ
道枝(高橋)恭平
道枝(高橋)恭平
待って♡♡まだイッたばっかやて/////
道枝駿佑
道枝駿佑
そんなん知らへん♡♡
ぱちゅぱちゅぱちゅぱちゅぱちゅぱちゅ
道枝(高橋)恭平
道枝(高橋)恭平
んぁっあっあっあっあっホンマに妊娠しちゃう
道枝駿佑
道枝駿佑
(耳元で)俺の子孕めよ(イケボ
道枝(高橋)恭平
道枝(高橋)恭平
んぁっ……/////駿佑〜♡♡駿佑との赤ちゃん欲しぃ〜♡♡
みちきょへ
みちきょへ
あっあっあっあっイクイクイクイクーーーーー
ドピューーーーーーーーーーー

俺は思い切り恭平の中に出した……恭平がさらに締め付けるからめっちゃ出てくる//////////
道枝(高橋)恭平
道枝(高橋)恭平
んぁっーーーーあっあっあっーーーー駿佑の濃いの熱いの子宮にー入ってるぅ♡♡
道枝(高橋)恭平
道枝(高橋)恭平
_:(´ω`」∠):_パタリ
恭平は意識飛んじやった汗汗少しやり過ぎたかな?
高橋side

俺は何回イッたのか覚えてない( ̄▽ ̄;)駿佑沢山愛し合って…………たから…

丈橋と大西畑の部屋の音は何も聞こえなかったけどまさか同じことになってるとは知らんかった///////////////


そしてこの後自分の身に起きることも想像してなかった///////////////