無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第20話

20話

目が覚め、私の視界に入ったのは真っ白な天井。



寝ているベットが家のベットと感触が違う。



ここはどこなのか…?



考えていると周りには皆がいた。
Alan.S
Alan.S
あなた…?あなたっ!!
貴方
貴方
あれ…?亜嵐…
Hayato.K
Hayato.K
起きた!?起きた!?
Yuta.N
Yuta.N
隼静かにせぇや笑
Hayato.K
Hayato.K
ごめん…笑
Mandy.S
Mandy.S
あなた?大丈夫?
貴方
貴方
うん、ぜ、全然大丈夫!

私は大丈夫な姿を見せようと無理矢理身体を起こした。
貴方
貴方
痛った!!!
Ryuto.K
Ryuto.K
おいおい無理すんなや笑
Ryuto.K
Ryuto.K
傷口開くぞ?
貴方
貴方
あはは…笑
Ryota.K
Ryota.K
ごめんねあなた、もっと早く俺らが気づいたらこんなことにはならなかったのに…
貴方
貴方
そんな!別に私の不注意だったから…

そんな話をしている間もずっと喋らず、私の服の裾を握ってる人が…。
貴方
貴方
……あの、玲於…?
Reo.S
Reo.S
……


私は一言も喋らない玲於にどうしたらわからなくて、皆に目で訴えた。
Mandy.S
Mandy.S
玲於?どうしたの?
Reo.S
Reo.S
生きてて良かった……
貴方
貴方
え?
Reo.S
Reo.S
あなたが生きてて良かったぁぁ…

大きく息を吐きながら私の太腿に顔を埋めて来た玲於。
貴方
貴方
え?笑


この時、玲於が仔犬のように見えて、素直になるのも必要かなと思い、思ったことを玲於に言ってみた。
貴方
貴方
玲於可愛い、仔犬みたい

私は玲於の頭を撫でた。
Yuta.N
Yuta.N
ちょっ!あなた!
Ryuto.K
Ryuto.K
もー、ほんまズルいって〜!
Hayato.K
Hayato.K
あなた?それはこの後皆になでなでしないとダメなパターンですよ?
Ryota.K
Ryota.K
あなたって今までそんなこと言ってたっけ?
貴方
貴方
なんか、素直になった方がいいのかな〜って
Alan.S
Alan.S
何それ!あなた!ダメだよ〜!
Mandy.S
Mandy.S
あ!また独り占めしようとしてる!

そんな他愛もない話をしている時、玲於はまだ顔を埋めていたけれど、耳が赤くなっていて、顔を見なくても玲於の感情が読み取れた気がした。
貴方
貴方
玲於?

私は玲於にそう語りかけたと共に、また手を玲於の頭に乗せた。


すると、治まりかけていた玲於の耳の色が、またどんどん赤くなっていった。
貴方
貴方
ねぇ玲於、もしかして照れてる…?
Yuta.N
Yuta.N
耳赤なっとるやん笑
Mandy.S
Mandy.S
それ照れてるよ笑
Reo.S
Reo.S
照れてねーよ…///
貴方
貴方
ほんとワンちゃんみたい!
貴方
貴方
可愛い笑

玲於は起き上がるとムスッとした表情で私から顔を背けてボソッと言った。
Reo.S
Reo.S
なんで言わなかったんだよ、アイツらに襲われたこと
貴方
貴方
だって、無駄な心配かけたくなかったし
貴方
貴方
首噛まれただけだったし…
Reo.S
Reo.S
それが嫌なんだよ
貴方
貴方
え?
Reo.S
Reo.S
他の知らねぇ男にあなたが触られたこと自体嫌なんだよ…
Reo.S
Reo.S
しかも俺らのあなたなのに、血飲みやがって
Reo.S
Reo.S
考えただけでイライラしてくる…
Ryota.K
Ryota.K
玲於、もうあんなにやったんだからいいでしょ?笑
貴方
貴方
…そうだよ、あの男達はあれからどーなったの?
Mandy.S
Mandy.S
もう玲於を怒らせたら、怒りが治まるまで何一つ言うこと聞かないからね…笑
貴方
貴方
どうゆうこと…?
Yuta.N
Yuta.N
俺らが出るまでもなかったんや笑
Ryuto.K
Ryuto.K
玲於と亜嵐くんが全員ボッコボコにしてたわ笑
Alan.S
Alan.S
アイツら全員倒れたんだけど、玲於は怒りが治まらなくて…笑
Reo.S
Reo.S
あの口うるせぇ男と、あなたのこと刺した奴殺した
貴方
貴方
え?殺したの?笑
Reo.S
Reo.S
んなの当たり前だろ
Mandy.S
Mandy.S
怖い怖い笑
Hayato.K
Hayato.K
皆!帰りましょ
Hayato.K
Hayato.K
あなたも、疲れちゃうだろうし
貴方
貴方
ありがと隼
Hayato.K
Hayato.K
いえいえ!

そして皆は、バイバイ、と手を振りながら病室を出ていった。



さっきまで賑やかだった病室も、皆が帰った瞬間静まり返る。



昔は自分の周りが賑やかなんて、当たり前だったから全然気にしなかったのに、



今では……。


























あれから一週間経った日、退院することになった。



早く家に帰りたい、



皆の元へ帰りたい、



そんな気持ちが先走って、病院を出た時から、私は少し駆け足になっていた。





あっという間に着いた家。


貴方
貴方
ただいま〜!!