無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第5話

ゲームマスター Ⅳ
木下 翔
木下 翔
どういうことです?
黒崎 あかり
黒崎 あかり
いや、これただのゲームだろ?
七森 瑞樹
七森 瑞樹
そうよ。単なるゲームでしょう?原作のように、命をかけるわけでもないのに
みんな、不思議そうに桃矢を見る
そう、これはゲームよ
・・・・・・ゲームにしては、大掛かりな気もするけれど
まさか
雨宮 涼
雨宮 涼
これは命懸けのゲームだ、そう言いたいのか
今までずっと黙って一人考え込んでいた涼が、私が思ったことを代弁した
八代 桃矢
八代 桃矢
いや・・・・・・知らなくていいよ。どーせもう終わりだからな
意味深な発言を残し、桃矢はそれっきり黙ったままだった





☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆




宮田 佳乃
宮田 佳乃
で?早く始めましょ。ここから早く出たいもの
青谷 木乃葉
青谷 木乃葉
そうですねー。早く帰って学校に行きたいです。紗奈ちゃん、早く始めてください!
大空 紗奈
大空 紗奈
わかりました。では役職説明が終わったところでルールを説明しましょう
ここも意外と長かったのでまとめてみると
毎日一人、全員の投票によって誰か一人を選んで処刑する
それは人狼と思われる人を処刑しなくてはならないが、もちろん村陣営を処刑してしまうこともある
人狼は毎晩、一人を襲撃すること。ただし、人狼は殺せない
人狼の数が村陣営の残りの人数と同じになれば、人狼陣営の勝利
逆に人狼全員を処刑してしまえば市民陣営の勝利
大まかなルールは、人狼ゲームと同じみたい
けれど、次に説明された情報は、耳を疑うものだった
大空 紗奈
大空 紗奈
このゲームでは、各々がその役職を演じるのではなく、その役職の能力を得た上で行動していただくことが条件です
その役職の能力を、得る?
一体どういうこと?ゲームではないの?
私が知っている人狼ゲームは、確かに命懸けのゲームだった
でも、本当にそんなことをするなんてありえないもの
宮田 佳乃
宮田 佳乃
え・・・・・・っと、どういうことかしら?
菅 誠也
菅 誠也
要するに、俺が人狼なら人狼の能力を得るってことか?
木下 翔
木下 翔
そのようですが、具体的にどういうことです?人狼が人狼の能力を得るならば、それはどのような能力になるんでしょう?
次々に浮かんでくる疑問
何かを知ってそうな、桃矢の態度
全てが繋がって、事実へと向かう
大空 紗奈
大空 紗奈
人狼は人狼の能力・・・・・・すなわち、人狼の方は襲撃対象を噛み殺します。その際に呪われし者が覚醒する仕組みになっています。ですが、呪われし者以外の方は───────



























──────全員、命を落とすでしょう




























シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

りぃあ
りぃあ
ファンタジー・ホラー好きな人見知り(遠回しに言ってるけどコミュ障)です。 小説素人で更新は亀さん。他のアプリでも小説執筆中ですがペンネームは違います。 お気に入り登録・フォロー・コメント・いいねしてくれると嬉しいです。 LJC。 フォロバ100% 最近はYouTube好き。 好きなもの→バンドリ・人狼ジャッジメント・ボカロ・アニソン・魔法とかそーゆー系・グロいの(幽霊とかは無理)・HIMEHINA・KUN・まーしー。・黒澤まどか&弟の姉 涙脆いです。すぐ泣きます。 男の子より女の子が好きです。 『1%でも成功する可能性があるのなら、私はそれに賭けるよ。諦めるのが一番ダメなことだから。奇跡を願わない限り、幸福は訪れないってわかってるから。だから私は、今やるべきことをやるって決めたんだ』
ホラーの作品もっと見る
公式作品もっと見る