無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第21話

探索 Ⅰ
どさっとベッドに倒れ込んだ
いっそこのまま死んでしまいたい
襲撃されれば、私は自由になれるのに
もう人が死ぬ姿を見たくない。もう私が間接的に殺してしまうくらいなら、いっそ自分が死んでしまうほうがマシだと思えた
七森 瑞樹
七森 瑞樹
またお風呂、入らなきゃ・・・・・
ほんの数分で議論は終わってしまうから、それから何もすることがない
どうしよう・・・・・・
テーブルに昼食と思わしきトレーが用意されているけれど、今は食べるような気分じゃない
・・・・・・もし、このゲームをしたことがある人が他にもいて、ここでやったのなら?
はっと気づいた
そうよ、項垂れている場合じゃないわ
七森 瑞樹
七森 瑞樹
翔が言ってたじゃない。このゲーム自体を終わらせれば・・・・・・みんな、助かるかもしれない
善は急げよ、早くするに越したことはないわ
がばっとベッドから起きあがり、血の付いた服のまま、部屋を飛び出した





☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆




七森 瑞樹
七森 瑞樹
この上って、何があるのかしら・・・・・・
まず目に止まったのは、階段
私の部屋の斜め前にある階段は、下へ続くものと、上へ続くものがある
下へは、議論をする大ホールが
上へは・・・・・・まだ行ったことがない
何かしらの情報をつかめるかもしれないわ
拳をにぎりしめ、私は1人で階段を上がって行った
七森 瑞樹
七森 瑞樹
まだ明るくてよかったわ・・・・・
窓から射し込む太陽の光のおかげで、電灯のない廊下でも難なく進むことが出来た
造りは、大して私たちが過ごす部屋と変わらないわね
廊下を挟んで、両隣に部屋がある
私の真上の部屋には、名前プレートを入れる場所に何かが入っていた
何かしら?
七森 瑞樹
七森 瑞樹
『Nanami』・・・・・・ななみ?
人の名前のかかれた、薄汚れたプレート
もしかしたら・・・・・・
七森 瑞樹
七森 瑞樹
本当に、ここでは前にゲームが?
以前、同じように人狼ゲームをした人がいたの?
でもそれなら、最低でも2人は死んでいるはず
それに、何日もここに閉じこめられているのだから、ニュースになっているはず
でもいくら記憶を探っても、それらしきものは出てこない
隠蔽されているの?
私達は探されているのかわからないけれど・・・・・・突然消えたんだもの
探してるわよね・・・・・・きっと
そう自己解決して、先へと進む
全ての部屋に、名前のかかれたプレートが入っていた
そして、見つけた
七森 瑞樹
七森 瑞樹
あった・・・・・・
私の、探していたもの

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

りぃあ
りぃあ
ファンタジー・ホラー好きな人見知り(遠回しに言ってるけどコミュ障)です。 小説素人で更新は亀さん。他のアプリでも小説執筆中ですがペンネームは違います。 お気に入り登録・フォロー・コメント・いいねしてくれると嬉しいです。 LJC。 フォロバ100% 最近はYouTube好き。 好きなもの→バンドリ・人狼ジャッジメント・ボカロ・アニソン・魔法とかそーゆー系・グロいの(幽霊とかは無理)・HIMEHINA・KUN・まーしー。・黒澤まどか&弟の姉 涙脆いです。すぐ泣きます。 男の子より女の子が好きです。 『1%でも成功する可能性があるのなら、私はそれに賭けるよ。諦めるのが一番ダメなことだから。奇跡を願わない限り、幸福は訪れないってわかってるから。だから私は、今やるべきことをやるって決めたんだ』
ホラーの作品もっと見る
公式作品もっと見る