無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第42話

🥀
            私の返事にちょっと驚いてるハニくん







え、なんで自分でいって驚いてるの


















貴方.
貴方.
   どうしたの  ?     
ハニ
ハニ
  あ、いや。珍しいなって思って     
貴方.
貴方.
   ハニくんから言ったくせに。     







そんな驚かれると









私が自分から誘ったみたいで恥ずかしくなるじゃん



















ハニ
ハニ
   じゃあ,いただきます    










そう言って"抱きしめられる"







と思ってた私 。















だけどいつまでたっても抱きしめられた感じはなくて














その代わりに





















唇に"何か"を感じた

















next