無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第4話

🥀
            それから喉が乾いたから





自販機の方に歩いて行っていたら、、


















貴方.
貴方.
   なんでハニくんも着いてくるの ,  






後ろからさりげなく着いてきている人




1名 。












ハニ
ハニ
  ダメ ? 心配だから 、   
貴方.
貴方.
   そんな可愛く言っても無駄だよ。  









さっきまでの女の子たちに









対する冷たさはどこにいったの 、 ?



















今、私の目に映っているハニくんは










ただのワガママな子供みたいだよ 。
















next