無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

一覧へ

第1話

かもめ学園
あなた

いやぁぁぁぁぁぁぁ

花子君
花子君
ちょっとぉ何で逃げるさぁ?俺と一緒にピーしてピーするだけだよ?
あなた

花子あんたマジでぶち殺すわよ❗️

柚木司
柚木司
ヤッホー
あなた

あ、司にぃ❗️ってあんたも危ないやつだった❗️〔キキッ!〕

あなた

皆さんこんにちは。あなたです。何であの2人に追いかけられているかと言うと。

数日前にさかのぼる
あなた

はぁここがかもめ学園かぁ❗️
変わってないなぁ。

あなた

私はここの新しく来た怪異。この前まで別の学園で七不思議をやっていたけど何か神様的な人にかもめ学園の零番になれっていわれたからきた。

あなた

で、ここの学園の七不思議にあいさつをしに来たんだけど。それがいないのよねぇ場所も知らないし。取り敢えず旧校舎辺りにでも行ってくるかぁ。

あなた

こんにちは。はい。誰もいない。どうしようかな?〔スタッ〕

(スッ)ガシッ
あなた

!?

源    輝
源 輝
ちょっと君何で旧校舎にいるのかなぁ?
あなた

(この霊力!源家の者だな。わからないふりでもしとくか。)
だ、誰ですか?

源    輝
源 輝
僕は源輝。お前は?
あなた

名乗る名もありません。ですがあなたが源家の者でしたか。あ、あの害は加えないので祓わないでくださぃ!

源    輝
源 輝
あはは。大丈夫だよ。僕は無差別に祓ったりはしないから。
あなた

そ、そうでしたか。なら安心しました。じゃあさようなら。(ペコッ)

源    輝
源 輝
(霊のくせに礼儀正しいやつ)
さようなら。(でもどこかかわいいと思ってしまう)
あなた

旧校舎の女子トイレに行くか。

タタタッ
あなた

着いた。

コンコンコン
あなた

花子さん花子さんいらっしゃいますか。

ギィ
あなた

いない。この学園七不思議いないんじゃないの!?

花子君
花子君
ねぇ。〔ポンッ〕
あなた

ん?誰?

花子君
花子君
俺は七不思議が七番目「トイレの花子さん」だよ。よろしく。
あなた

あなたが七不思議の七番様でしたか。
私はここに新しくきた零番です! よろしく。

花子君
花子君
あなた!?
あなた

え?普にぃ!?

(ギュッ)
花子君
花子君
おかえり。あなた。
あなた

あんな風に出ていって悪かったね。

八尋寧々
八尋寧々
ねぇ?花子君。
花子君
花子君
うわぁ!?ヤシロ!?
八尋寧々
八尋寧々
なにやってるの?来てみれば知らない女の子と抱き合ってるし。
花子君
花子君
誤解だよ?ヤシロ。
あなた

ねえ。普にぃ。この人は?

花子君
花子君
あぁごめんごめん。この人は僕の助手だよ。ヤシロ自己紹介して。
八尋寧々
八尋寧々
高等部の八尋寧々❗️あなたちゃんこれからよろしくね❗️
あなた

私は七不思議が零番目。百怪目のユランです。以後お見知りおきを。〔スカートの裾を持ち上げお辞儀する。〕

八尋寧々
八尋寧々
ねぇねぇ❗️ユランちゃんって花子君の妹なの?
あなた

いいえ。ここに昔居た時に普にぃ達がよく仲良くしてくれましたから。それで

花子君
花子君
ちょっとヤシロ近いよ❗️それと後ろ向きになって耳塞いでいて。
八尋寧々
八尋寧々
?どうして?花子君?(クルッ)
花子君
花子君
さてと、ねぇあなた?君は俺のものだよね?
あなた

は?なにいってんですか?私は兄さんのものじゃないです。

花子君
花子君
いい加減にしないと、祓い屋に頼んで祓ってもらうよ?
あなた

チッわかったわよ。

花子君
花子君
(ニコッ)ヤシロもういいよ~!
八尋寧々
八尋寧々
何を話していたの?
花子君
花子君
ん~?敬語外せって言ったの。
八尋寧々
八尋寧々
それじゃあ。(クルッ)
あなた

たくっよろしくね。ヤシロ。

八尋寧々
八尋寧々
おぉ❗️かわいい。
キーンコーンカーンコーン
あなた

はい。さようなら。

八尋寧々
八尋寧々
あ、予鈴。じゃあね。ユランちゃん❗️
あなた

それじゃ私も自分の所に戻るね。

花子君
花子君
待って!
あなた

何で?

花子君
花子君
まだ会って数時間しかたってない!
あなた

そんなヤンデレ彼氏みたいなこと言わないで。

花子君
花子君
やだ。やだ!
あなた

何で七不思議のリーダーがこんなに駄々をこねるの?今度また会えるから大人しくしといてよ?

花子君
花子君
はぁい
あなた

じゃバイバイ。

花子君
花子君
バイバイ。
そして昼休み
あなた

あ、花子なんでここにいるの?

花子君
花子君
あなたに会いに来ちゃった❗️
あなた

はぁヤシロは?

花子君
花子君
あとで来るって
あなた

うげ!それって花子としばらく一緒にいるってことじゃん。

花子君
花子君
そうだよ❗️てことで俺とピーしよ?
あなた

ん~〇ーね!(ニコッ)

花子君
花子君
全く相変わらず冷たいなぁ。そんなんだから人をho
八尋寧々
八尋寧々
ユー、ラン、ちゃん❗️
あなた

あ、❗️ヤシロきた!

八尋寧々
八尋寧々
これ見て❗️
あなた

なになに空から美少年が...

八尋寧々
八尋寧々
は~~イケメンが空から降ってこないかしら
あなた

ふふフィクションって言っても憧れるよね。(微笑む)

花子君
花子君
ヤシロ、あなた。
八尋寧々
八尋寧々
そんな目で見ないで花子君❗️
あなた

そうだよ。花子。年頃の女の子は恋愛に憧れるもんなんだから。

花子君
花子君
と言ってもあなただって憧れる訳?このあらすじとかさぁ?
高貴な血筋ゆえに
悪霊に囚われた
可憐な少女


そんな彼女の
前に突然
空から降ってきた
美青年


彼は見事
悪霊を打ち祓い
少女と結ばれる。
花子君
花子君
ヤシロはともかく、あなたには、俺がいるじゃん?
八尋寧々
八尋寧々
私はともかくってなに!?
あなた

そうだよ。ヤシロが可哀想だよ。(ギュ)

源     光
源 光
そこまでだ!
あなた

源     光
源 光
やっと見つけたぜ悪霊め‼️
八尋寧々
八尋寧々
(そ、空から男の子が!)
源     光
源 光
かもめ学園中等部三年…
源光だ!冥土の土産に覚えときやがれ‼️(ギラギラギラギラ)
あなた

(わーすっごいギラギラしてるー)(棒読み)

花子君
花子君
源家の人間だね。俺達が見えるのもそのせいだ。
八尋寧々
八尋寧々
源家?
あなた

昔々のお話よ。

あなた

今より遥かに夜の闇が
濃かった時代

当時私達怪異は妖怪と呼ばれ
今よりずっと強い力を持っていた

あなた

中でも神にも勝ると恐れられたのが
“日本三大悪妖怪”と並び称された三体

九尾狐様、大天狗様、酒呑童子様
その一角大江山の悪鬼酒呑童子様を
打ち倒したのが、

花子君
花子君
稀代の祓い手   源   頼光
そこの少年のご先祖様だ。
源     光
源 光
その通り‼️随分と詳しいじゃねぇか…
源     光
源 光
ご先祖様が後の世のため遺した強力な退魔具の数々それらを受け継ぎてめぇらみてぇなタチの悪ぃ怪異どもから人々を守る
それが源家に生まれた男子の役目!
源     光
源 光
つーわけでオレはお前達を祓う❗️
源     光
源 光
覚悟しやがれ花子!
あなた

ブフッww“祓う”ってww

源     光
源 光
なに笑ってんだぁ?
あなた

だって到底私達の妖力にも敵わない程度の霊力の奴がなにいってんの?(ケラケラ)

源     光
源 光
そうか?(ニィ)
バチッ!
花子君
花子君
ツツ❗️(グラッドサッ)
八尋寧々
八尋寧々
花子君❗️
源     光
源 光
これは我が源家に代々伝わる退魔具
“雷霆杖”
持ち主の霊力を退魔の雷に変換して打ち出す霊杖だ
源     光
源 光
それに直接触れるとはマヌケ野郎だぜ‼️
源     光
源 光
これで終わりだァ‼️
あなた

零杖代(れいじょうだい)

ビュッバチンッ
源     光
源 光
!?ツく
源     光
源 光
お前…杖代が一、二、三、三体❗️
まさかお前は百怪目のユランか!
あなた

その通り‼️私は百怪目のユランだよ!
私の杖代は三体。白杖代これは花子の物、黒杖代これはもう1人の兄の物、零杖代これは私の。私の零杖代は蒼色だよ。

あなた

さぁこの絶対的な力に打ち勝つことはできるかな?(ニィ)

源     光
源 光
いいぜ❗️やってやる!
ビュッゴオッ
八尋寧々
八尋寧々
やめて!
源     光
源 光
ぅあぶねっバッカ野郎!急に飛び出して来るんじゃ
源     光
源 光
ねぇ………です…(へにゃあ)
あのあなたは…(ヘラヘラ)
八尋寧々
八尋寧々
高等部一年八尋寧々
花子君の助手でお友達❗️
八尋寧々
八尋寧々
これ以上花子君達にひどいことするなら私、怒るんだからね!
源     光
源 光
えっ…いやでもあいつらは超悪い怪異で…
そのぉ…学園の平和のためにも祓っとかないとっつーか…
八尋寧々
八尋寧々
花子君達は悪い怪異じゃないよ!
だって私のことだって助けてくれたんだから!
あなた

(微かに目を見開く)

源     光
源 光
それは違ッ…います‼️
源     光
源 光
あいつらはタダの怪異なんかじゃない…
“トイレの花子さん”と“百怪目のユラン”は
オレのばーちゃんがやっとの思いで封印した

超超凶悪な悪霊達なんです!
源     光
源 光
しかも“トイレの花子さん”の方は包丁を武器として使ってる生前それを凶器として使った証拠です!あいつはあの包丁で誰かの命を奪ったんだ!
八尋寧々
八尋寧々
そんなうそ… 
振り替えって見るとそこには源君を冷たく見据えるユランちゃんがいた。そしてその目には、殺気が込もっているように私は見えた。
源     光
源 光
先輩は騙されてるんです!
あんな奴等信用したら駄目だ‼️
源     光
源 光
きっと先輩のことだって
花子君
花子君
ちぇバラされちった
源     光
源 光
‼️(ザッ)
八尋寧々
八尋寧々
‼️(ビク)
花子君
花子君
あーあーもうしばらくはヒミツにしとこうと思ってたんだけどなァ…
花子君
花子君
こい白杖代  君の言う通り確かに俺は人を殺した。でも、カミサマが言ったんだこの役目を全う出来れば俺の罪は消えるんだって
花子君
花子君
だから祓われるワケにはいかない
悪いね
源     光
源 光
ワケなのわかんねぇこと言いやがって…
源     光
源 光
待て‼️(ダッ)
ドォ
源     光
源 光
クソッちょこまかと…!
フッ
花子君
花子君
ねェその手痛くないの?
ドッバリバリバリ❗️
源     光
源 光
うははは学習しねぇヤツだぜ‼️
今度こそ綺麗に消滅しちまいな‼️
源     光
源 光
(な…効いてねぇ⁉️)
あなた

ちょっと兄さん。私のかわいい零杖代を怪我させないでよ?代わりに守ってあげてんだから

花子君
花子君
わかってるよ。(ビュ)
源     光
源 光
うおっ‼️
花子君
花子君
えいえい(ブンブン)どーだどーだ(ビュイー)
花子君
花子君
ねー少年俺この杖ほしいなー
そしたら見逃したげてもいーよ?
源     光
源 光
舐めやがって…
源     光
源 光
オレは逃げねえぞ❗️❗️❗️
花子君
花子君
そ    じゃあいーや(ぱっ)
源     光
源 光
えっ(ダァン)
花子君
花子君
(ガ)
源     光
源 光
‼️
花子君
花子君
てい(びし)俺の勝ちー
源     光
源 光
な…
花子君
花子君
でこれはキケンだから封印っと(ペタッ)
源     光
源 光
おわーーーー❗️❗️❗️
源     光
源 光
うちの家宝に何してくれんだテメー❗️❗️❗️
ウオオオオ剥がれねええええ❗️
源     光
源 光
剥がせ‼️
花子君
花子君
やーだよ
花子君
花子君
それより(ぐい)やっぱり君はこの霊杖の力をまるで使いこなせていない
雷を放つ度に自分まで感電してるようじゃね(グリグリ)
源     光
源 光
い”っ
花子君
花子君
身の丈に合わない力がもたらすのは破滅だけだよ
少年
源     光
源 光
よ…余計なお世話だ!
源     光
源 光
オレはみんなを守るためなら命なんか惜しくねぇーんだよ!
花子君
花子君
おお!熱血~ゥ
花子君
花子君
大丈夫。焦らなくても君はいずれ優秀な祓い手になる。
あなた

それこそ私達をなんかカンタンに祓えるくらいにね

2人;期待しているよ/わよ
源     光
源 光
期待?オレはテメェらを祓うってんだぞなのに…
花子君
花子君
…まぁ今は弱っちいけどね!
(ググ…ドフ!)
源     光
源 光
がっ
源     光
源 光
(グラ)ってめ…汚ね…ぞ…
八尋寧々
八尋寧々
大丈夫?
花子君
花子君
こーでもしなきゃ諦めてくれなそうだったからね丈夫そーだし少ししたら起きるよ
八尋寧々
八尋寧々
この杖…今のうちに隠しちゃた方がいいんじゃ…また来るかも…
花子君
花子君
もしかして俺達のことシンパイ?
八尋寧々
八尋寧々
あっ当たり前じゃない!友達なんだから
あなた

…そうヤシロは人殺しでも仲良く出来るんだ

八尋寧々
八尋寧々
そ…
あなた

なーちゃって冗談だよ冗談。

花子君
花子君
その少年はこのままたでダイジョーブだよ
また来たところで俺達を祓えやしないだろうし…
あなた

賑やかなのは大歓迎だ

花子君
花子君
まあ…近々もっと賑やかになりそーだけどね

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

星香
星香
最近、構ってもらえないから、拗ねてる。 構ってくれないと、寂しくて、死んじゃいそう。だから、構ってね? 可愛い妹ちゃん達です! まふゆちゃん¥ 欲しい🌈✨ ☔🍬ちゃん かっこいいお兄ちゃんです! 柚香兄 大好きなお姉ちゃん! 茅夏姉 彼女 HARUNO☆ 中1だぜ★☆ 最近、彼氏、彼女欲しくなってきた。 てことで、カレカノ募集中 きぃちゃん大好き症候群❤️ 感染者12人目!です! 付けてるファンマ 🌙🎐←彩月茅夏姉! 💧星香💧 家族募集中! BLある所に私あり的な?笑笑
青春・学園の作品もっと見る
公式作品もっと見る