無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第10話

あの時①
リビングで寝ているおばあちゃんを起こさない様に静かに二階へ上がり自分の部屋に行く。

自分の部屋に行くときに弟の部屋を通るので一応「ただいま」といっておく。
案の定返事はない。

私は自分の部屋に入るとベットへ倒れこんだ。

今日は色々ありすぎて疲れたな。

今まで気づきもしなかった神社に入って、
星さんに会って。

星さん・・・
初めて会ったのに全然怖くなかった。

久しぶりに人と話すことを楽しいと思ったな。 

人と話すのってあんなに楽しかったっけ?

そう考えながら部屋を部屋のすみにおいているピアノに目を向けた。

ピアノを見ると必ず思い出す。
あの時のことを__

あれは、私が小学6年生の時、まだ江坂梨子と親友だった時の話。
とも
とも
次から回想に入ります!

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

とも@入試終わるまで浮上しません
とも@入試終わるまで浮上しません
ファンマ→💘👾 家族募集中! 双子・・・呉羽 妹・・・紅紅ちゃん、みさちゃん、しのちゃん、ばあむくーへんちゃん、林檎ちゃん
恋愛の作品もっと見る
公式作品もっと見る