無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

声の贈り物

恋愛

声の贈り物

12
54
216
2021/02/25
オリジナル
完結
デイリーランキング最高 12 位(オリジナル)
あの花が散ったら
俺の幼なじみの唯花は小さい頃から体が弱い。


いつもすぐ入院してすぐ退院する。


その繰り返しを何年もしている。


ある日唯花は家で倒れ、また入院することになった。


俺が唯花に会いに行くといつものことだよとニコッと笑う。


その笑顔を見るといつも安心してしまう。


大丈夫、今度もきっと退院できるはず…


⚠この作品の病気、病院は現実ではありえないことが出てくると思います。

⚠自分は知識が浅いのでそういうものなんだと暖かい目で見ていただけると幸いです。

チャプター

全9話
続きから読む
並び替え

この作品のタグ

恋愛の作品もっと見る
公式作品もっと見る