無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第12話

散歩
JM  Side


テヒョン
僕、聞いちゃったんだ
ジミン
なにを?
テヒョン
トイレ行くって言ったじゃん
↓↓↓TH  Side























テヒョン
ちょっとトイレ行ってくるね
ジミン
いってらー

トイレトイレ♪♪





ジャー
テヒョン
ふぅースッキリー
ジョングク
……アピールしてきたんだよ!!
テヒョン
ん?
トイレからリビングに戻ろうとした時に


ジョングギとあなたの部屋から声が聞こえてきた


なんだろ?
ジョングク
だから!!
俺はあなたのことが好きなの!!
テヒョン
えっ?
どうゆうこと……?


ジョングギがあなたのことを??


嘘だよね…?
ノア
ねぇオッパ
ノア
私もね
オッパのことが好きなの
最初は耳を疑った


へ?


ノア
両思いだね!
両思い?…


ってなんだっけ。


あー全然頭が回らないよ


ジョングク
やばっ嬉しい
僕ここにいちゃダメだ

















JM Side


なんとなく気づいてた


ジョングギがあなたのこと好きなんじゃないかなって


いや


俺やテヒョナを含めメンバーみんなが


あなたのこと好きだってことを。


テヒョナだって気づいてたはず


でもいざ現実を突きつけられて


それに1人で。キツかったよねテヒョナ。
ジミン
よーし!!
パァーっと飲むよ!!
テヒョン
えぇ!!
僕のめないよ!!
ジミン
いいから!いいから!
一気に酔いが覚めたちゃった







JH Side


ユンギ
(。´-д-)。o○Zzz。o○
ソクジン
ほら、ホソク、飲みな飲みな!
ホソク
いや僕はいらないです
ソクジン
えーーー先輩に付き合えよー
ホソク
僕、お酒ムリなんで
ソクジン
今日だけいいじゃないか、ね?
ホソク
ムリです。
それよりヒョンそんなに飲んで
次の日キツいですよ
ソクジン
だいじょーぶ、だいじょーぶー
それにしてもジミナとテヒョナ


遅くね?