無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第4話

センイル大作戦 2
JN  Side


テヒョン
(*´Oゞふぁ~
ホソク
眠たいね
ジミン
今何時ですか?
マネ
んー7時かな
テヒョン
着くまで寝よ
ホソク
そだそだ寝た方がいい
マネ
そういえば
今日やるあなたの
センイルのイベントは誰が考えたの?
ナムジュン
メンバー全員で考えました
ユンギ
いつもいつもあなたには
メンバー全員がお世話になってるから
みんなで盛大に祝いたいなって思って
マネ
あーそれでイベントにしたんだ
ジミン
僕達の方が年上なのに
1番したのあなたにお世話になってるって
そう考えるとあなたってすごいな~
ナムジュン
そうだよね
だからこうやって少しづつ
あなたにお返しできたらって思ってるよ
マネ
あなたはいいお兄ちゃん方をもったね
ホソク
いやいや逆にいい妹をもちましたよ
マネ
だな~、はい到着!
準備がんばって!
ホソク
テヒョナ起きて
テヒョン
゚°(´-ㅁก`)
ソクジン
あ、ヒョン
マネ
ん?
ソクジン
あなた起きたら連絡くると思うので
宿舎に迎えに行ってあげてください
マネ
あーりょーかーい
ソクジン
くれぐれもイベントのことは秘密で!
マネ
わかったよㅋ
なにも言わないように
必要最低限しか話さないわ
ソクジン
お願いしますよ!
これから


あなたのセンイルイベントをする会場を


かわいくメンバー全員でかざりまーす!


これも僕達が提案したことで


スタッフさんにお願いするんじゃなくて


僕達だけでやる。


だって僕達が考えたイベントだし


僕達からあなたへっていう意味もある。
ナムジュン
イベント開始まで5時間
みんなで仕事を分担して
最高の会場を作ろう!!
ALL
はーい!
ジョングク
じゃあまず僕はarmyの
椅子とか準備しまーす
ジミン
それ手伝うー
テヒョン
僕もー
ホソク
ヒョンラインは飾り付けをやるか
ソクジン
そうだね
事前にひみつで作っておいた飾り物


この中にはarmyに手伝って貰ったものもある
ホソク
うわーいっぱい
ユンギ
すごいね
ソクジン
これをあと何時間だっけ?
ナムジュン
5時間
ホソク
終わるかな?
ユンギ
終わらせる
ナムジュン
よしやろう
みんなで一生懸命に飾り付けした




ソクジン
終わったぁ~
ユンギ
疲れたぁ
テヒョン
あなた喜んでくれるといいなぁ
ナムジュン
そうだね
だって1年に1度だけだし
ジミン
最高のイベントにしようね!
ALL
おー!!