無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第8話

気持ちの変わり
NA  Side


ノア
んー
ジョングク
さっきから唸ってどうしたの
ノア
ここわかんない
ジョングク
えー?
最近お仕事とか忙しかったから


しばらく学校に行ってなかったんだよ。


でもそれじゃあ当たり前に


卒業も出来なくなっちゃうから


遅れてる分って言われて


昨日、学校に行った時に大量の課題のプリントが


渡されたよ。
それで今はその課題を片付けている最中
ノア
おお!なるほど!さすが先輩!
ジョングク
だろー?
俺をなんだと思ってる!
ノア
うさぎ
ジョングク
いやおい!/(・x・)\
ほんとにウサギみたい
ノア
じゃあさじゃあさ!
ここは??
ジョングク
そこはね
オッパのいい匂いだ。


香水には興味はあまりないけどこの匂いは好き


だってオッパの匂いだか……!!!


私何を考えてるんだ!!(ノシ´・ω・`)ノシ ベシベシ
ジョングク
わかった?
ねぇ?聞いてる?
ノア
あ!ごめん!
もう1回聞いてもいい?
ジョングク
いやだからさ
Tomorrow↓↓↓
















ノア
ってことがあったの!!!
ツウィ
なるほど~
それはずばり恋ですな!!!
ノア
え!!!
そんなわけ!!
ツウィ
でもだって好きって思ったんでしょ?
ノア
……いや~
それは香水の匂いで~
ツウィ
ねぇあなた?
自分の気持ちに素直になってみて
ノア
どうやって?
ツウィ
例えば~
ジョングクさんと
手は繋いだことある?
ノア
うーんと…ある。
ツウィ
前はどんな気持ちだった?
ノア
どうって…どうも思わなかった
ツウィ
じゃあ
今繋ぐって言ったらどんな感じ?
ノア
え……/////
ツウィ
そう言うこと
ツウィ
前までは思えなかったことが
急に変わった。
それは恋だよ!!
ノア
そうなんだ/////
ツウィ
あーもー!!
あなた可愛すぎる!!
ノア
いやいやツウィに言われたくないっす
ツウィ
いーや私より
あなたの方が倍かわいいってことが
言えまーーす
ノア
いやー!ㅋㅋ
ツウィ
なにか困ったことあったら
私に相談してね
ノア
うん!そうするね!
ツウィ
私は誰よりもあなたを応援してます!
ファイティン!
ノア
コマウォヨ
ツウィ
それにしても
ジョングクさんがタイプなのか(。-_-。)
ノア
いやもうその話はいいよ
(  '-' )ノ)`-' )ベシッ