無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第15話

優しい子
TH  Side


さっきグガから水と薬もらって


すこし良くなったけどやっぱりお酒は苦手だな。


昨日あの後、僕は1杯しか飲まなかったけど


ジミナは僕の相談を受けながら


軽く5、6杯ぐらいは飲んでた気がする
ジミン
ボーッとしてどうしたの?
テヒョン
ん?なんでもないよ
ジミン
そっか
俺、頭痛いから寝てくる
テヒョン
うん、わかった
ジミナありがとう
ジミン
お前の役に立てたならいいさ
じゃ、おやすみ
テヒョン
おやすみ
薬効いてきたかな


だいぶ治ってきたかも。


グガにお礼言わないと。
テヒョン
ヒョン、グガ知りません?
ソクジン
ジョングガ?あぁ~さっき
練習室に行くって言ってたかも
なるほど


グガの事だからきっと


ダンスの練習でもしてるんだろうな


よし、事務所に行こう

































テヒョン
うぅ、寒かったぁ
冬真っ只中だもんね。


事務所の中があったかくてよかった~
テヒョン
さてと、グガはどこかな~
♪♪~




壁|ω・)




踊ってる踊ってる


相変わらずグガはダンスが上手いなぁ~


ま、僕はリハをちゃんとやらなすぎて


グガに怒られたけどねㅋㅋ


それだけ一生懸命なんだよね。
ジョングク
ヒョン?
テヒョン
あ、気づかれた
ジョングク
いや丸見えですよ
テヒョン
隠れてたつもりだったんだけどねエヘヘ
ジョングク
もう大丈夫なんですか?
テヒョン
うん!薬効いた!
ありがとうジョングガ!
ジョングク
よかったぁ!
ヒョンもう飲みすぎちゃダメですよ
テヒョン
うん
もうこんなに飲むことはないよ。きっと。


昨日ジミナとも話したけど、


僕はあなたが幸せでいることが嬉しい


だから決めたの。


2人を見守ろうって。


諦めたわけではないよ。


好きな人にはずっと幸せでいて欲しいからさ。


あなたはいっぱい辛いことを乗り越えてきた


もう辛い思いしないように。僕らで支えたいの。
ジョングク
ヒョン…ヒョ~ン!!
テヒョン
あ、
ジョングク
ぼーっとしてどうしたんですか?
まさか!また具合悪くなったとか?!
テヒョン
ん!いや!大丈夫!
全然元気だよ!
ジョングク
なんかあったんですか??
最近、なにか悩み事とか?
テヒョン
悩み事か~…
昨日ジミナが聞いてくれたから!
ジョングク
それで解決できました?
テヒョン
うん!できたよ!
ありがとうグガ
ジョングク
いや、僕はヒョンが心配です。
テヒョン
え?
ジョングク
朝からずっとぼーっとしてるし、
悩み事はためちゃダメですよ
テヒョン
……
ジョングク
ヒョンが辛いのは僕も辛いです
テヒョン
グガ
ジョングク
テレビでも言ったけど、
スケジュールとか
厳しいのは大丈夫だけど
ヒョン達とかあなたが辛いのは
僕も辛くて耐えれません。
大事なメンバーだから。
グガがこんなにも僕たちのことを


考えてくれてるとは思わなかった
テヒョン
( ・ ・̥ )
ジョングク
ヒョ、ヒョン!?!
テヒョン
ごめん、嬉しくてつい…
ジョングク
うわぁ!!泣かないでぇ!!!
グガはほんとにこころの底から優しい子。


こんな子を僕は、対抗意識なんてもっちゃうなんて。


ほんとダメなヒョンだね。











ジョングク
落ち着きました?
テヒョン
うん。
ジョングク
まさか泣くとは。
テヒョン
嬉しかったんだもん
ジョングク
あれは僕の本音です。
テヒョン
うん。だから尚更嬉しかった。
ジョングク
そういえばヒョンは
どうして事務所に来たんですか?
テヒョン
え?
あぁ~ありがとうって言いに来た
ジョングク
え、もしかしてそれだけ?
テヒョン
うん、それだけ
じゃ、もう帰るから
ジョングク
えぇ!!
テヒョン
お幸せにね
ジョングク
え??
テヒョン
じゃーねー(* ̄▽ ̄)ノ~~ 
ジョングク
え、ちょ、え??!?!
お幸せってなんですかー?!!!



僕はあなたの幸せを願おう。





更新遅れてすみません。