無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第14話

お説教Time
JK  Side


ジョングク
んー
もう朝?


あれあなたがいない


そっか学校か。


じゃあ僕も起きますか
ジョングク
おはようございま…
ソクジン
で?なんで外で寝てたの?
朝から床に正座をされられている


テヒョニヒョンとジミニヒョンがいた


うわぁ床冷たそう←
ジミン
かぎがヒックなくてヒック
テヒョン
(。-_-。)zz
ソクジン
鍵がないって
まさかどっかに置いてきたの?!
ジミン
いやいや~ヒック
家にありますよ~ヒック
ソクジン
こらテヒョン寝るな! 
テヒョン
うわぁ叫ばないでください
イテテ頭に響くので
ソクジン
それは夜遅くまで飲んでるから
わるいんでしょ!
ホソク
あ、おはようグガ
ジョングク
おはようございます
えっとなんかあったんですか?
ホソク
なんかよくわからないけど
朝まで外で呑んでて玄関で寝てたらし
ジョングク
えぇ!
ヒョン達が?


めずらしい。


というかテヒョニヒョンなんか滅多に呑まないのに。


まずヒョンはお酒が苦手だから。


なにかあったのかな?


ん?
テヒョン
(睨)
なんか今ヒョンに睨まれてた?


僕がなんかしたのかな?
テヒョン
(´._.`)
と思ったら次は悲しい顔になった


やっぱりなにかあったに違いない


でも果たしてここで僕が頭を突っ込んでもいいのか
ジミン
まぁまぁヒョン今日のところは
許してくださいよ~ヒック
ソクジン
アイドルが夜遅くまで呑んで歩いて
挙句の果てには玄関で寝てるなんて
許せるわけないでしょ!!!!!!!!
テヒョン
痛いぃぃ叫ばないでくださいよ(゚´ω`゚)
ソクジン
テヒョナ!!お前もだぞ!!!
テヒョン
うぅごめんなさい~
だからもうさけばないでぇぇ
めずらしくうちの兄は激おこですね














ソクジン
いい?外で飲んでくる時は
考えて飲んでくる事ね?わかった?
テヒョン
はい。
ジミン
はい。
約2時間によるお説教Timeが終了致しました


それにしてもジニヒョンがあんなに怒ってるの


初めて見たかもしれない。


ジミニヒョンも


さすがにあんなに叫ばれたら酔いも覚めるよね
ジョングク
ヒョン大丈夫ですか?
水持ってきましたよ
ジミン
あぁ、ありがとう
ジョングク
テヒョニヒョンも
テヒョン
……僕は大丈夫。
ジョングク
そうですか。じゃあ
ここに置いておくので飲みたくなったら
飲んでください。あと頭痛薬も。
テヒョン
…。
さてと今日は暇だから


練習室にでも行ってこようかな