無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第2話

お風呂上がり
続きです↓↓↓



JM Side



今日もジンヒョンの


おいしい夜ご飯を食べて


温かいお風呂にも入って


今はゆっくりTime。
ジミン
あ!あなた上がった!
ノア
うん!
サッパリしたーー!!
ジミン
それはよかった!
はい!パック!
ノア
これは新作っすか??
ジミン
そうっすね!
ノア
おぉ!ではさっそく!
ジミン
つけてみて!
ノア
ひゃーーつめひゃーい!
ジミン
あなたなにいっへるかわからない
ノア
オッパこそー
ジミン
だっへパックがぁ
毎晩こんな調子です
ノア
はぁーサッパリんちょ!
ジミン
いいねこのパック!
リピ買いだァー!!
ノア
やっとオッパが納得のいく
パックが見つかったね!!
ジミン
うん!
ジミン
あ、てかあなた
髪の毛乾かしてないでしょー?
ノア
バレた?ㅋ
ジミン
いやバレるもなにも
髪の毛べっちょべちょだからㅋㅋ
ノア
そっかㅋㅋ
ジミン
乾かしておいで
ノア
えーめんどくさー
ジミン
あなたね
一応ヨジャアイドルなんだから
することはちゃんとしなさい!
ノア
(´-ε-`)
ジミン
はぁー
ドライヤー持ってきて
ノア
やった!(*゚∀゚*)
あなたは


わがままだし、子供っぽい


でも甘やかしちゃうんだなぁ。
ノア
持ってきた!ε٩(๑>ω<)۶з
ジミン
はいここ座って
僕はソファーに座って


あなたは僕の足の間に座った
ジミン
いい匂い
ノア
ん??
あ、あぶねえ


つい思ったことが口に。
ジミン
あなたは髪の毛ツヤツヤだね
ノア
えー??
ジミン
""あなたの髪の毛ツヤツヤだね!""
ノア
あー
コマウォヨ!!
ジミン
んー??
ノア
""コマウォヨ!!""
ジミン
ㅋㅋㅋㅋ
こうなるから


ドライヤーをしながの会話はやめましょう
ノア
ありがとうオッパ!
ジミン
いえいえー
さーてそろそろ寝よーかな
ジミン
俺そろそろ寝るね
ノア
そういえば私どこで寝ればいいんだ?
ジミン
え、部屋じゃなくて?
ノア
テヒョンオッパと一緒に
寝るとかなんとかって
ジミン
あー
そーいえば朝言ってたな~


でもここで素直にテヒョンのところに戻したくないし
ジミン
俺たちの部屋にくる?
ノア
んー
ジミン
だってこのまま部屋に戻ったら
たぶんゲームやってて寝れないよ?
ノア
あーそうかもね
ジミン
でしょ?なら俺と一緒寝よ!
ノア
そーするー
やった!


あなたと寝るの初めてかもしれない
ホソク
あなたや~!!
ノア
ホソクオッパ~!!
ホソク
こんな時間にどうしたの~??
ジミン
今日はあなたここで寝るから
ホソク
やったー!!!
あれテヒョンと寝るんじゃなかったっけ
ノア
なんかめんどくさいから
今日はこの部屋で寝ることにしたー
ホソク
あらそーなの
じゃあこっちのベッドで
おねんねしよーね!
ジミン
ダメですよヒョン!
今日は僕とねるんですよ!
ホソク
えーー
ジミン
だめです!!
ホソク
わかったよ~
ジミン
ほら寝よあなた
ノア
うん
みんなおやすみなさい(σω-)
ホソク
ちゃんと布団かぶってね
おやすみなさい
ジミン
寝るのはや
あなたは相変わらず寝るのが好きだな


だってベッドに入って秒でしてたよ皆さん


ジミン
じゃあ僕も寝よー
うわあなたちっちゃ


だってこのベッドシングルなのに


全く狭さを感じさせないんですけど


ほんと子供みたい。


かわいいなぁ。


ジミン
(o・_・)ノ”(ᴗ_ ᴗ。)
さ、寝よ




TH Side
グガとのゲームも飽きたから


そろそろ寝ようと思うんだけど…


あなたがいない。
テヒョン
えーどこいったんだろ
探すがてらジミンの部屋に遊びに行こー
テヒョン
ジーミーンー
ボスッ  ←ベッドに座りました
テヒョン
あれーもう寝ちゃったのー??
ねーあなたがいな…
ん?


なんだろ


このベッドにもうひとり寝てる気がする


まさかオバケ?!


いやいやそんな訳ない

ペラッ
テヒョン
テヒョン
ぎゃーーーーーーーーーーー!!!!
ジミン
うるさいなぁ
テヒョン
な、な、な、な、な、な、な、
なんでここにあなたが?!!!!
ジミン
( ˘ω˘ ) スヤァ…
テヒョン
寝るなー!!!!!
起きろー!!!!!
ジミン
(( _ _ ))..zzzZZ
テヒョン
いやいや爆睡するなー!!!
ねー!どうゆーこと?!!!!!!