プリ小説

第8話

6話
裏るぅと出てきます
※グロ注意
地下室へ続く階段と監禁室を繋ぐ廊下には男性の悲鳴が響いていた










───────────────────────
るぅと
もう爪無くなるけどまだ言わないんですか?
1
…………
るぅと
そうですか…そろそろ休憩とします。そこで大人しくしていてください
──────────
ななもり
お疲れ様、どうだった?
るぅと
今回はなかなか手強いです。もう爪を全て剥がしたと言うのに全く話そうとしないんです
ななもり
そっか…
ジェル
にしてもよくそんなこと出来るな。俺はグロくてようやらんわ
るぅと
莉犬のためですから
さとみ
でも、あんまり無理すんなよ
るぅと
大丈夫です。もう慣れましたから
るぅと
じゃあそろそろ戻りますね
ころん
いってら、気を付けろよ
るぅと
はい
1
ヒッもうやめてくれ!!痛い!!!
るぅと
痛い?だったらさっさと吐けよ!!!
1
ここまでするなんて!お前は人間じゃない!!
るぅと
僕らの仲間だって辛い思いをしてんだよ!!殺されないだけありがたいと思え!!解放されたいんだったらさっさと吐けよ!!クズが!!!
──────────────────
────────────────
それから2時間ほど経っただろうか悲痛な叫び声を背に満足気に口角を上げる青年が地下室から出てきた
ななもり
るぅと…くん…?
るぅと
やっと言いましたよ
さとみ
で、どうだった?
るぅと
場所は──だそうです
ジェル
よし、じゃあ早速
ななもり
の前に、さっきの闘いからして敵は隠れるのが得意みたいだね、しかも人数が多い。だからころんはカメラで人の温度も測れるようにしといて。それと今度は突撃班、援護班、救出班で別れよう
ななもり
突撃班は俺とジェルくん、援護班はるぅとくん、今回はさとみくんも救出班として現場に来てもらう
ななもり
ころんはいつも通りにお願い
ななもり
さとみくんは取り敢えず拳銃を持って行って、あとはその場で使えそうなもの使っていいから
すとぷり
了解!!
(。-ω-。)----------キリトリ線----------(。-ω-。)
作者
さて、やっと助けに行くみたいですね!るぅとくん、お疲れ様でした〜
作者
それではまた明日?お会いしましょう!!
作者
以上、幸苺でした!
作者
↑これ久しぶりに言ったなぁ

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

幸苺@超低浮上
幸苺@超低浮上
ども!!幸苺(はぴぃ)です!アイコンとヘッダー変えたぜよ 許可はちゃんととってますよd('∀'*) 苺の国の王子様達をメインに小説を書いてるよ〜🍓 夢も腐も何でも書ける!!(クオリティ高いとは言ってないから) 絶賛リクエスト募集中!!|ωΦ*)コソーリ・・・ 一人称ころころ変わります(私とか僕とか俺とかわしとかetc…)