無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

前の話
一覧へ
次の話
112
2019/02/15

第53話

☁️

きむてひょん
きむてひょん
はなちゃんに告白されたんだ。
え?え?


だって……!!


応援してくれてたんじゃないの?

意味がわからない。

そうならそうって言って欲しかった……


はな…………
あなたの親友(はな)
あなたの親友(はな)
うん……
きむてひょん
きむてひょん
ごめんって。僕は断った。そうしたらはなちゃんが。
''断るならあなたと友達やめよーかな笑笑''
''あなたは友達いないもんね笑笑'''

あたししかさ。
え?

あたしはショックだった。

あたしこと嫌いだったんだ。

そうなんだ。

あたしは悲しみより呆れの方が正直あった。
きむてひょん
きむてひょん
僕はどうすればいいって聞いたんだ。

そしたらはなちゃんが。
''あなたと話さないで?''
きむてひょん
きむてひょん
僕は仕方なくそうしたんだ。

ごめん。あなたちゃん。