無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

第2話

稚那side>>1
126
2018/11/14 16:33


みんなって、『勉強したくない』とか、『学校に行きたくない』とか思ったことある?




そんな事、軽く、ノリで言ってる子もいるし、
心の底から言ってる子もいるやん。



心の底から言ってる子には手助けをしてあげてね。


ほんと...お願い。





ーーーLINEーーー
若羽 稚那
いきなりでごめんね。
私のこと、どう思ってる?
藤井 瑞稀
いきなりすぎて意味わからんねんけど...
若羽 稚那
質問変える。
私の事、好き?友達、として...
藤井 瑞稀
普通
若羽 稚那
私さ、学校、辛いんだよね...
藤井 瑞稀
うん
若羽 稚那
行かんくてもいい?
藤井 瑞稀
好きなようにすればいいんじゃない?
若羽 稚那
ふーん




藤井瑞稀...私の初恋の人。



小学5年の時に振られたんだけど、
6年の時も同じクラスで...。
仲良くできたんだけど、
そのあと、中一、中二と、クラス離れて疎遠になってしまったから、今は面と向かって話せない。
たまに、私からLINEするくらい。
藤井 瑞稀
まぁ、学校にいてくれた方がいい。
安否確認も兼ねて。
(*≧艸≦)ププッ安否確認...か。


若羽 稚那
わかった。
私、どうしよう。