無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

前の話
一覧へ
次の話

第5話

瑞稀side>>>2
66
2018/11/30 14:58
.......。



稚那。






昨日のLINEもなんか、おかしかったし、
今日も元気無さそう。
ほんと、どうしたんだろ。
華奈かな『おはよぉーれ!』






稚那『おはよ。』






華奈『どーしたん?元気ないじゃん。』





稚那『なんでもないよ。』





華奈『私に任せなさい!(*`∀´*)』







あっ、トラブったか。

それか、稚那が一方的に嫌ってるんか。





稚那『はぁ。il||li (っω-`。)il||liずーん・・・』




瑞稀『どうしたんだよ。』




稚那『.........瑞稀...くん。』






.........目がうるうるしてる...。(∩´。ɞ̴̶̷﹏ɞ̴̶̷。`∩)



やばいんじゃね?


修羅場?





瑞稀『何かあったのか?』


俺が発言した直後。俺の言葉を遮るように...。



華奈『稚那ー!ちょっと見てこれー!秋出てる!笑』




稚那『え!?』







あっ、稚那が向こうに言ってしまう...。

絶対このままおいて置く訳にはいけないだろうし...












瑞稀『また、LINEして。』







稚那『あっ、ありがとう』







...。やっぱり喧嘩なんてしてないんじゃないか?



笑顔だし。

さっきのうるうるとした目はなんだったんだ...。