無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

330
2021/02/23

第5話

🥀
ジン
ジン
誰?
いつもより数オクターブ低いんじゃないかっていうくらいの声でジニオッパが呟き空気が凍る。
you
you
違います…
それぞれが否定する。
空港で誰もそんな話していなかったじゃないか。
ジン
ジン
だよね、良かったぁああ…これで誰かがやりましたって言ってたらぼく大号泣だったよぉ、
グク
グク
……っ、
you
you
グガ?泣いてるの??
テテ
テテ
あ、あなたヌナそれ言うと…
you
you
ヤーグガ泣かないで〜、
you
you
どうしたのよ〜
グク
グク
ジ、ジニヒョンが怖かった…僕たちの事信じてくれないんじゃないかって…っ、
ジン
ジン
ごめんなぁ、グガ〜
震えて泣いてるグガを優しく抱きしめてるジニオッパ。







やぁ、長男と末っ子してるなぁ……
ジミン
ジミン
イルアミ、僕たちを信じてくれるかな…
またまたこちらで不安そうなジミナ。
you
you
armyに信じて欲しいなら私たちもarmyを信じなきゃ。
ジミン
ジミン
はいっ…
不安そうな顔でジミナの手をにぎにぎしているテヒョンア。もうそこまできたらそこのグガとジニオッパみたいにしよ??中途半端なんだわ。
ナムジュン
ナムジュン
不安だな……。
you
you
同意。明日何もなければ良いけど…