無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

367
2021/02/24

第6話

🥀
次の日。
幸い会場は貸してもらえたけれど、今日の公演、いや、今日からの公演がどうなるか分からない。
ナムジュン
ナムジュン
出番です。準備しましょう。
you
you
はい。






会場へ出ると…
you
you
っえ?
人がたくさん。
正直、誰も来てくれないかと思っていたけどそんな事はなかったみたい。
信じて、くれたのかな?
ナムジュン
ナムジュン
……っ!!
テテ
テテ
……!!
ナムジュナとテヒョンアの様子がおかしい。
挨拶だけして、ジニオッパのソロステージのため一旦舞台袖にはけた。
you
you
ナムジュナ、テヒョンア。深呼吸、して。
若干過呼吸気味な2人を落ち着かせ、話を聞くことを試みる。


幸いジニオッパの後はジミナやホソガのソロステージがあるので時間はある。
you
you
どうしたの?話してみて。
ナムジュン
ナムジュン
イルアミの持ってる、横断幕…
テテ
テテ
そこにね、書いてあったの。僕たちの悪口。
you
you
…え…