無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第31話

二十歳
私は、意識が戻らなかった。何日も──何週間も──何ヵ月も──何年も──そして、これからもずっと
蒼井翔太
蒼井翔太
あなた、17歳のお誕生日おめでとう。そして、1回目の結婚記念日だよ。
私はまだ、意識が戻らない。あーあ。1回目の結婚記念日祝い損ねちゃった。
蒼井翔太
蒼井翔太
あなた、18歳のお誕生日おめでとう。そして、2回目の結婚記念日だよ。
主人公
……………
私はまだ、意識が戻らない。ちょい、ちょい。もう成人式じゃない?あーあ。成人式であの馬鹿猿共に超名門私立に編入試験満点合格で受かったことを自慢してやりたかったのにー!(#`皿´)
蒼井翔太
蒼井翔太
あなたはね、もう成人なんだよ。あなたの晴れ着姿、成人式の様子見たかったな………あっ、でも成人式は熊本の方だよね?あの子達に会うなら行かない方がいいよね。意識が戻ったあとに、晴れ着着てみようね。
主人公
……………
蒼井翔太
蒼井翔太
あなた、19歳のお誕生日おめでとう。そして、3回目の結婚記念日だよ。
蒼井翔太
蒼井翔太
僕ね、デビュー10周年を迎えたんだ。覚えてる?5周年のときはさ、幕張メッセでFCイベントして。楽しかったよね。色々あったけど。─────(´;д;`)───(泣)どうして………ねぇ…どうしてなの?どうして、目を開けてくれないの?その美声を僕に聞かせて?その美しい瞳を僕に見せて?大天使の笑顔を見せて?色んな表情を見せて?僕だけをまた見て。僕に夢中になって。好きって言って、大好きって言って、愛してるって言ってよ!僕…今にも死にそう。死にたい。あなたがいない世界なんて無理。死なないで……僕より先に死なないでよ!お願い。目を──開けて?
泣いてるところ可愛い。

あ、こんなこと言っちゃ駄目か。

ごめんね。私も目覚めたいよ。

だけど

私はまだ意識が戻らない。
蒼井翔太
蒼井翔太
あなた、20歳のお誕生日おめでとう。そして、4回目の結婚記念日だよ。
そして、ある日
蒼井翔太
蒼井翔太
あなた、仕事行ってくるね。
翔太様が仕事に行ったあと


ー夜ー
主人公
────ん────んん────
私は、意識が戻った。その日は、翔太様のお誕生日の日だった。
主人公
ここ、どこ────?
周りに人はいない。
主人公
びょ……ういん?
よくテレビとかでお金持ちの人が入院するような部屋。

すると、
看護師
あなた様!お目覚めになられましたか?
主人公
ん?
看護師
先生!あなた様がお目覚めになられました!
担当医
あぁ…ついに。おはようございます。あなた様。体調の方は大丈夫ですか?
主人公
う?うん
担当医
蒼井様にご連絡を
看護師
はい
担当医
あなた様。あなた様は、四年もの間、眠られていたのですよ。
主人公
ふーん…………えっ!?四年!?
担当医
はい。今日は、2024年8月11日日曜日ですよ。あなた様がご自分の持病で倒られたのは、2020年9月1日火曜日です。
主人公
そんな…
ということは、高校のみんなはもう卒業して大学生ってこと?クソッ。置いていかれた!人生の四年間を無駄にしてしまった。コミケだって、アニサマだって、声優様のLIVEやイベントだって四年間ぶん行き損ねた!
看護師
すぐ、いらっしゃるそうです。
あっ!翔太様の今までのLIVEやイベントの衣装は?作詞作曲編曲は?マネージャーは?ヘアメイクアップアーティストは?スタイリストは?全部、私以外の人がしたの?私の仕事なのに!四年も無駄にした!
主人公
あっ…
私の目線の先に───
主人公
そうだ。結婚したんだった。

懐かしいな。指輪。
あれっ?なら、結婚記念日祝ってないじゃん。

てか、半分独身みたいだったよね。ごめんね。翔太様。
蒼井翔太
蒼井翔太
あなた!
─────────────
どうも。作者です。
第31話【二十歳】いかがでしたか?
更新遅くなってしまって、申し訳ございません。
では、今回はここまで!

また次の更新でお会いしましょう!