無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第21話

school LIVE(口悪いです)前編
⚠️今まで以上に口が悪い可能性があります!ご覧の際には、厳重な注意を!(作者)
──────────────────

今日は、7月20日金曜日。修了式。
午前中は、修了式、大掃除、学活があった。昼からは─────
~三日前~
英語担当教師
金曜日に、地震復興支援として声優の蒼井翔太さんが来ることになりました。
ザワザワ(生徒たち

≪みんな、私を見る。私が、翔太様を好きなのを知ってるから≫
主人公
(えっ?………ここに来るの?聞いてない…あの人、何をたくらんで…)
英語担当教師
静かに。そこで、お礼の言葉をしてもいいと言う人―
主人公
はいっ!
英語担当教師
あなた……ちゃん?
主人公
私がします!
利和
何で、お前が……
主人公
だって、いっつも、同じ人ばかりしてつまんないんだもん。≪執行部ばかりお礼の言葉を担当しています≫それに、金曜日来るのは、声優さんの中でも男性でハイトーンボイスが出るとても凄い声優さん。蒼井翔太さんだよ。こんなド田舎に来てくれるんだから≪そこまで田舎じゃない。≫失礼のないようにしなきゃ。だから、お礼の言葉をこの学校で唯一アニオタで声優オタクの私が言った方が、蒼井翔太さんも喜ぶと思うけど?アニメも声優も知らないお前らが適当に言葉を選んで蒼井翔太さんの前でお礼の言葉を言うのは、私は絶対に許さない。
英語担当教師
じ、じゃぁ、あなたちゃんにするよ?
─────────
そして、今に至る
主人公
はぁ………
今は、昼休み。LINEで翔太様に≪学校に行ってて東京に戻らないため≫何で来るのか事情を聞いても、監督があなたの中学校でLIVEを決めた。からとしか言ってくれなかった。
もう、リハーサル始めたかな
と、思っていたとき
二学年担当教師
みなさーん、体育館に行きますよー。んフフ。
主人公
はぁ!?
何で?LIVEは、14時からのはず。まだ、13時なのに…。この人、この学校に赴任してきて3ヶ月も経つのに教師の名前も、教室の場所も、曜日によって違う時間割りも覚えないとかマジ何なの?いい加減にしてよ。あと、語尾の「んフフ」まじでウザい。ぶりっ子してんの?
クラス全員
はーい!
てめぇらも、てめぇらだよ!おい、執行部と学級委員は何してんだ!お前らも開演の時間覚えてねぇーのかよ!
二学年担当教師
あなたさん、楽しみですね。蒼井翔太さんに会えますよー。
にわかやアニメ嫌い≪二次元嫌い≫の奴に聖なる声優様を会わせたくないんだけど。てか、ここは地震復興支援しなくても、もう被害はない。阿蘇とか益城でした方がいいのに。
主人公
全然、楽しみじゃないです
二学年担当教師
あなたさん?
そして、体育館に入場した。
ザワザワ(スタッフ
照明
あのー、誰ですかー。生徒さんを呼んだのは。
いつもの監督
俺だ
衣装
監督!?
主人公
(やっぱり、○○監督か)
いつもの監督
いや、あのなー、二学年の子達が二学期に職場体験があると聞いてねー、それで呼んだんだよー。
主人公
(この監督、いい人なんだけど……😒)
“パチッ”
翔太様と目があった。会うのは、五日ぶりだ。私は、会釈だけした。
二学年担当教師
きやぁー!もしかして、蒼井翔太さんですか?
主人公
(何で、この人おばさんなのに高い声出せるのー?)



(てか、私より先に喋ってんじゃねぇーよ!)

蒼井翔太
蒼井翔太
えっ!?あっ、はい。
二学年担当教師
私、二学年担当教師の○○○○と言います。二学年の子に蒼井さんの大ファンの子がいて───
主人公
(余計なことを💢)
蒼井翔太
蒼井翔太
アハハ。そうなんですか。嬉しいですねー。
───────────
説明
≪二学年担当教師のことは、主人公から聞いている。主人公に酷いことをする最低な人だと思っていて実は喋りたくない≫
二学年担当教師
○○○○ちゃんって言う子なんですけど─────
“ボキボキボキっ!”
≪指を鳴らす。物凄い目で二学年担当教師を睨んでいる。≫
主人公
(黙って、まじで黙って。)
≪美藍にコンタクトで合図する≫
主人公
(おい、今すぐその教師から離れさせろ。)
(美藍)蒼井マネージャー
(わかった。)
あの、仕事中なんですけど。
──────────────
説明
≪美藍は、ものすごく怖い顔と体型をしてるんです。生まれつき。ですが、中身はそれほど怖くありません≫
二学年担当教師
(ビクッ(@_@)
(美藍)蒼井マネージャー
あなたも仕事をしているなら、仕事を邪魔してはいけないってことぐらいわかりますよね?教師で未来の日本を背負う子供たちの教育をなさるのら、それくらいわかりますよね?
二学年担当教師
す、すみません。
(何よ、この人感じ悪い)
(美藍)蒼井マネージャー
蒼井、仕事しろ
蒼井翔太
蒼井翔太
うん
≪教師が戻ってくる≫
二学年担当教師
ごめんね、あなたさん。翔太様と喋らせてあげれなくて
主人公
いいえ。別に結構です。逆に、よく自分から神に喋りかけれましたね。ある意味凄いです。それに、仕事中なので喋りかけるのは失礼だと思います。
クラス全員
そこまで、言わなくても
主人公
はぁ?あんたたちは、その先生の味方するわけ?これだから、一般人は。あのね、マナーってもんがあるでしょ。普通は、仕事中に話しかけないでしょ。馬鹿じゃないの。
いつもの監督
そこー、喧嘩してるのー?
主人公
≪満面の笑みで≫
いいえ。喧嘩なんてしていませんよ。みんなで、マナーの振り返りをしていただけです。声が大きかったですね。ご迷惑をお掛けしました。申し訳ございません。
いつもの監督
そうか。
主人公
≪翔太様と目が合い満面の笑みにする≫

≪座ったあと小声で≫
お前らのせいで、私が嫌われたじゃねぇか。
≪スタッフや監督、翔太様が最終確認のため校長室に移動。美藍と生徒たちと支援員だけが残る。≫
主人公
お前ら、いい加減にしろよ!
≪全員私を見る。≫
主人公
さっきから、何様のつもりだよ!
主人公
まだ、開演の時間でもないのに、体育館に行ってさー!何で、ちゃんと決められた時間に行けないの?
二学年担当教師
それは、監督?の人に来ないかって言われたから
主人公
だからって、普通行きますか?相手は、東京ですよ?都会の人ですよ?私たちみたいなド田舎の人間じゃないんですよ?都会の仕事を学べるとか恐れ多すぎるでしょ。そう、思わないわけ?しかも、声優界のお仕事を。この学年にアニオタ、声優オタがいたら別にいいですけど、いないじゃないですか?私以外に。しかも、蒼井翔太嫌いが多い。私が、蒼井翔太と口を開けば「あ~、そいつ嫌い」って言う奴が多いし、にわかがいるじゃん。
三日月
だって、蒼井翔太嫌いなんだもん
主人公
そこ、うるさぁい!なら、出ていけよ。嫌いなら、出ていけよ!なのに、何でいるんだよ!
≪ガチギレ≫
二学年担当教師
あなたさん、落ち着いて
主人公
先生のその行動が有る限り落ち着けるわけないじゃないですか!
二学年担当教師
はぁ?
主人公
前からそうです。言わなくていいことばかり言って!
人が体調悪くて保健室行こうとしたときに「保健室には、体調が悪い人がいるので行ってはいけません」って、何のための保健室や!私も体調が悪いんや!それに、何で保健室行くぐらいに先生も付いてくるんですか?他の生徒には、何でついていかないんですか?何で、熱があっても保健室に行かせてくれないんですか?何でなんですか?何で、人が持病の発作が出て苦しんでいるときに笑って「何してるんですか?wwwww」って言ったんですか?あのとき、絶望しました。人が、痛がってんのに笑うなんてサイテーですね。
それに、今さっきの行動だってそうです。体育館に入った瞬間、蒼井翔太さんに話しかけに行って!空気読んでください。仕事中ですよ。普通、話しかけますか?それに、私らファンはリリイベぐらいしか、しかも何秒間かしか話せないのに………
それに、勝手に私の名前出さないでください!恥ずかしいんですけど。
二学年担当教師
あなた、何様のつもりですか!さっきから先生に文句をさんざん言って!
主人公
おい、美藍!中止だ。東京帰るぞ
(美藍)蒼井マネージャー
おい!
主人公
こんな、やつらに翔太様を会わせるわけにはいかない
───────────
ども、作者です。

第21話【school LIVE(口が悪いです)前編】いかがでしたか?()にあるように口がとんでもなく悪かったですね。主人公の怒りが大爆発🌋これでも、○ねとか言ってないので良い方なんですよ(笑)
気分を悪くされた方は本当に申し訳ございません。暖かい目で見てあげてください。
では、短いですかここで今日はおしまいです!また、次の更新をお楽しみに♪

本当に口が悪くてすみませんでした。