第97話

96
107
2023/10/31 08:00
それから、3人でご飯を食べて、今は智叶とまったりしとる。

智叶はすぐに懐いてくれた。
今後どうするかの話し合いは、次のオフにすることにした。

帰りたくない。

でもしゃあない。

俺は濵ちゃんに連絡した。

わりとすぐ迎えに来てしもた。
はまだ
こんばんは!
かみやま
もうちょっとゆっくり来てくれてもよかったのに…
はまだ
無事話し合えたんやね。神ちゃんの雰囲気柔らかいわ。
かみやま
ご心配おかけしました。
俺は濵ちゃんに頭を下げた。
はまだ
神ちゃんよかったなぁ。
濵ちゃんは俺の背中をポンと叩いた。

奥から濵ちゃんに気づいた智叶が走ってきた。
ちか
はまちゃ!
はまだ
ちいちゃん、元気やった?
ちか
げんきだよ!はまちゃ、ちいのパパ!
はまだ
ちいちゃんのパパは優しそうやね。
ちか
うん、やさしいの!
かみやま
ちい、パパな、そろそろ帰らなあかんねん。
ちか
かえる?
かみやま
おん。パパ、明日お仕事あるから。
ちか
やだぁ!
かみやま
ちい、パパまた会いに来るからね?
ちか
ちい、パパといる!
あなた
ちい、パパを困らせたらダメだよ?
ちか
パパがいい!
智叶のところに行き、目線を合わせ、分かりやすいように話した。
かみやま
ちい、パパも帰りたくないよ。
ちか
パパといる!
かみやま
パパな、ちいとずっと一緒におれるようにするから。それまで待っててほしいな。
ちか
ずっと…いっしょ?
かみやま
おん。ずっと一緒。それまでママのこと守ってほしいな。
ちか
ママ?
かみやま
ちいにしかできないお願いやからね?ママのこと守って待っててね?
ちか
ママ、まもる!
かみやま
よし、約束や。
俺は智叶に小指を出した。

智叶は小さな小指を絡めた。
ちか
ゆびきりげんまん
うそついたら
はりせんぼんのます
ゆびきった
指切りすると、智叶は満足そうに彼女の元へ行った。

俺も彼女のところへ行き、智叶の頭を撫でた。
かみやま
ちい、ありがとう。
ちか
ちい、がんばるね!
かみやま
なるべく早く迎えに来るから、それまで待っててね?
ちか
あい!
かみやま
ママもええですか?
あなた
はい!
この幸せを逃さないようにやるべきことをやる。

頑張らな。

プリ小説オーディオドラマ