第98話

97
109
2023/11/01 08:00
それからの俺は、仕事を精力的にこなした。

そして、3人で過ごすための環境作りと根回しで忙しかった。
仕事は新曲の発売とプロモーションて毎日バタバタやった。

会う人みんなに優しい雰囲気になりましたねと褒められた。

プライベートが充実しとるおかげやな。
しげおか
神ちゃん、顔がニヤけてんで。
はまだ
ほんまや。しっかりしいや。
かみやま
はい、すみません。
これは1日1回行われる会話。

そういう2人もかなり顔がニヤけとる。

この2人のおかげやから何も言えんけど。
彼女と智叶とは、オフの日や時間があいたら必ず会いに行った。

そして、今後のことをたくさん話し合った。

カフェの近くで、3人で住める場所を探しとるけど、なかなかいいのが見つからない。
智叶との関係はとても良好。

彼女がヤキモチ焼くぐらい仲良くなった。

俺が会いに行くと、俺の膝の上が智叶の定位置。

そんな娘がかわいくてしゃあない。
事務所への根回し。

最難関の常務の説得。

これをクリアしないと先に進めない。

濵ちゃんとしげも一緒にかけあってくれた。
最終的には無理矢理認めてもらった。

子どもがいるからと押しきった。

仕事が落ち着いたら結婚するとも伝えた。

納得してませんって顔やったけど。
常務室を出て、3人で静かにガッツポーズした。

ほんまに2人がおらんかったら、今の俺はない。
かみやま
しげ?
しげおか
お、なんや。
かみやま
大学のときからあなたとのこと、応援してくれて、助けてくれて、支えてくれてありがとう。
しげおか
なんやねん、急に。
かみやま
言いたなった。
しげおか
…おん。
かみやま
濵ちゃん?
はまだ
え?俺も?
かみやま
当たり前やん。あなたと会わせてくれて、支えてくれてありがとう。
はまだ
元はと言えば俺のせいやからな。
かみやま
濵ちゃんおったから、あなたの今があるんやろ?
はまだ
そう…なんか?まぁ、幸せになってや。
かみやま
2人とも、ほんまにありがとう。
彼女と智叶を絶対に幸せにする。

そう決意したら、曲が降りてきた。
この曲でプロポーズ、ちゃんとしよう。

プリ小説オーディオドラマ