第95話

94
120
2023/10/29 08:00
カフェまでの道のりを、智叶を真ん中にして、手をつないで3人で歩いた。

3人でサムシング・ニューを口ずさみながら。

ほんまに聞いてくれてるんやな。
カフェに戻ってきて、彼女はやり残した仕事をした。

その間、カフェにあるキッズスペースで智叶と2人で遊んだ。
女の子は好きなのはやっぱりごっこ遊びなんか。

今はお店屋さんごっこ中。

智叶がスーパーのレジさんで、俺がお客さん。
かみやま
すいません、これください!
ちか
いらしゃませ!これは100えんです!
かみやま
はい。これ、お金です。
ちか
はーい、ちょうどです!ありがとうございます!
ちゃんといらっしゃいませって言えないのがかわええ。
ちか
いらしゃませ!きょうはえだだめやすいよ!
かみやま
えだだめ?
あなた
枝豆のことなの。
かみやま
あ、枝豆ね。いくらですか?
ちか
10えんだよ!
かみやま
え、10円?安いのでたくさんください!
ちか
はーい!10えんです!
かみやま
はい、お金です。
ちか
ありがとうございます!
…めっちゃ癒される。

子どもってこんなかわええんか。

毎日こんなんやったら幸せすぎて溶けてまう。
智叶とおれんかった3年はやっぱり大きい。

その分、これから一緒におりたい。

どんどん成長する智叶をそばで支えたい。
かみやま
ねえ、ちいちゃん。
ちか
はーい!
かみやま
俺な、ちいちゃんのママのこと大好きやねん。
ちか
ちいもすき!
かみやま
それでな、ちいちゃんのことも大好きやねん。
ちか
ほんと?
かみやま
うん。だからずっと一緒におりたいねん。ダメかな?
ちか
いいよ!ちいもいっしょがいい!
かみやま
ありがとう。
カウンターから俺たちを見ていた彼女のところへ行った。
かみやま
あなた?
あなた
どうしたの?
かみやま
俺さ、ギターを車につんだのに、おろすの忘れてん。
あなた
そんな日もあるよ。
かみやま
せやからこのまま歌ってもええ?
あなた
…え?
かみやま
さっき曲作ったって言うたやん。その曲、ちいと一緒に聞いてくれへんかな?
あなた
うん、わかった。
彼女は智叶を呼び、膝の上に座らせた。

俺は大きな深呼吸をした。
かみやま
タイトルは「青空願ってまた明日」
届きますように…

精一杯、気持ちを込めて…

プリ小説オーディオドラマ