第3話

EPISODE2
731
2023/12/09 13:23
壱馬side―――

流れで自己紹介することになったけど…
玲於さんめっっちゃ不服そう…
まぁこれからドームツアーで
気合い入れていきたいのに、
急に入ってきて、しかも女性だし…

なんて色々考えてたら
俺の番になってた。

最後は、壱馬か。
川村壱馬
あ、はい。
THERAMPAGEのボーカル、
川村壱馬です。
よろしくお願いします。

ちらっとあなたさんを見ると、
目が合った。なんか気まずい…

次はGENERATIONSさんか。
するとコンコンッと扉が鳴った。

STAFF
あ、すみません。
この部屋、この後の会議で
使いたいのですが…
白濱亜嵐
あ、すいません💦
今出ますね!
STAFF
申し訳ないです…!
LIKIYA
全然大丈夫ですよ!

そしてぞろぞろと部屋から出ていき、
廊下に溜まるのも邪魔だからといって
各楽屋に戻ることになった。
白濱亜嵐
あ、あなた…さんはどうする?
HIROさんからなんな言われてる?
あなた
特に言われてないですけど…
振り付けの依頼とかあるので
失礼します。

あなたさんはそう言って
長い髪の毛を綺麗に揺らしながら
廊下を歩いていった。

佐野玲於
くそっ…
なんか気に食わねぇ…
白濱亜嵐
…まぁまだ会ったばっかりなんだし。
仕方ないよ。
それじゃ皆、お疲れ様。
全員
お疲れ様でした!
俺達も戻るでー。
川村壱馬
はーい…
返事をして楽屋に戻るが、
俺はふと後ろが気になり振り返る。
しかし、そこには誰もいない。

川村壱馬
あなたさん…
長谷川慎
壱馬さん?
行きますよー?
川村壱馬
あ、あぁ悪ぃ悪ぃ。

そう言って、楽屋に戻った。

プリ小説オーディオドラマ