無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第3話

ピンチ?
ドゴォォ!!
ドガアァン!!
ズドドドドドドッ!!
十四松
十四松
ハッスルハッスル!マッスルマッスル!
バキバキ!!
サタン
サタン
こっちもいくぞー!はい、せーの☆
ゴッ!!メキメキメキ!!
十四松
十四松
あっはは!君、素手なのに強いねー!
サタン
サタン
お前もやるな!
十四松
十四松
まだまだいっくよー!!
どっせーい!!
と言うと、十四松は高く跳び上がり大きくバットを振り下ろしてきた。
サタン
サタン
よっと!
サッ!ゴゴゴッ!
サタン
サタン
へへーん♪そんなもん当たるわけ…
ドスッ!!
サタン
サタン
⁉え…?
ドサッ…
サタン
サタン
あ、れ…?なんだこれ…なんかだんだん眠くなっ…Zzz…
一松
一松
…やっと仕留めた。
十四松
十四松
あ、一松兄さん!来たの!?
一松
一松
さっき、チョロ松兄さんから連絡きて…大丈夫?十四松。
十四松
十四松
大丈夫ー!ねえねぇ今の何ー⁉
一松
一松
麻酔銃。当たったらしばらく起きないよ。…で、チョロ松兄さんは?
十四松
十四松
えーとね、この人の仲間を捕まえに行ったよ!
一松
一松
そっか。
十四松
十四松
この人どうすんのー!?
一松
一松
とりあえず、捕まえてボスに聞こう。…十四松運んでくれる?
十四松
十四松
あい!
__________________________________
ザゼル
ザゼル
いやあああああああああああああ!?
あなた

あの緑の人、結構速い!
(>0<;)

ザゼル
ザゼル
そうだ、あなた姉さん!ここは二手に分かれて、バラバラに逃げようっ!?(真顔)
あなた

絶対私を囮に逃げるつもりだよね、それ!!
能力使ってどうにかならないの!?

ザゼル
ザゼル
ここじゃ使えないよ…って、わっ!?
ドンッ!!
蓮
痛たた…え!?あなた⁉
あなた

兄さん!?なんでここに!?

蓮
なぜか変装がバレて、ここまで逃げてきた。で、ご覧の通り追いつかれました(笑)
おそ松
おそ松
ありゃ〜?もしかしてお兄さんの知り合い〜?
カラ松
カラ松
フッ…とうとう年貢の納め時だな。
あなた

ま、松野ファミリーのおそ松と、カラ松!?

ザゼル
ザゼル
ちょ…!?兄さん!なんでよりにもよって松野ファミリーのボスと、その右腕連れて来ちゃうの!!戦力的にこっちが不利に なるでしょうが!
十四松
十四松
おそ松兄さ〜ん!!
チョロ松
チョロ松
あ、なんだ。兄さん達来てたの?
一松
一松
………ソイツらの仲間、捕まえてきた。
ドサッ!
あなた

さ、サタン兄さん!!

サタン
サタン
くか〜…Zzz
蓮
クソ…コイツ、完全に熟睡してやがる。肝心な時に頼りにならねぇな………。
ザゼル
ザゼル
ああ〜もう!せっかく
逃げようと思ったのに、なんでこういう時に限ってこうなっちゃうんだよ〜⁉
__________________________________
同じ頃、
高倉ファミリー本部では…
???「…へぇ……六つ子のマフィアか…コイツら、結構面白そうじゃん?」
ジアン
ジアン
………どうしますか?
???「…ま、とりあえず今は様子見だな。アイツらがあっちに行ってるウチは、下手に動かない方が  いい。」
ジアン
ジアン
了解。