無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第8話

自 己 紹 介 。
「 じゃあ 、 自己紹介しよっか ! 」









「 じゃあ 、 もう一回して貰える ? 」



『 あ 、 はい !

名前は斉藤あなたで 、 年は17歳 。

現在高校三年生です ! 』



「 ふーん 、 あなたね 。

覚えた覚えた ! 」











ピースしながら笑う所が 、

幼くて可愛い 。


母性本能が出そうになる 。












「 んじゃあ 、 俺ね !



" King & Prince " って知ってる ? 」



『 きんぐあんど 、 ぷりんす ? 』



「 わぁー 、 俺らもまだまだだなぁ 」



『 すみません 、 ! 疎くて … 』



「 あはは 、 いいの !

えっとね 、 簡単に言えば " アイドル " ってとこかなぁ 。 」



『 あ 、 アイドル ?!?!

いいんですか ?! 雇っちゃって 、 』



「 いっしょ !!

だいじょぶだあ〜 」












そんなに軽いものなのかなあ … 。

よくわかんないけど 、











「 んで 、 俺の名前は髙橋海人 。

ちょうど20歳 ! ジャニーズ事務所ってとこで働いてるの 。 」



『 りょうかい 、 です !

髙橋様 ! 』



「 様じゃなくていいのに 、 」




『 すみません 、 そういう決まりなので … 』



「 ふふ 、 あなたは偉いんだね 」











私の頭をポンポンしながらはにかむ姿は

男の子とは思えない程可愛かった 。

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

"     ℳ .   ୨୧
" ℳ . ୨୧
K P _ ୨୧⑅*. . 元占ツクNo.1小説家 .
恋愛の作品もっと見る
公式作品もっと見る