無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

一覧へ

第12話

こ ー ゆ ー コ ト 。 # ⒊
『 ねぇ っ 、  もっ 、 ゃだ ッ 、 』



「 なに 、 イきそうなの ?

嫌になる位変態だね 」



『 んん ッ 、 ! ぁんっ 、 ! 』



「 ほら 、 イきなよ 。 」



『 っあ 、 !! !! 』









足をピーンとさせ

身体を仰け反ってイった 。








「 ふはっ 、 気持ちよかった ?

彼氏じゃない男の味は ッ ! 」



『 っくぁ 、 !?!? 』






あなたがイったばっかだけどお構いなく奥を突く 。


" ぐちゃ 、 ぬちゃ 、 " と

水音がまた響く 。



浅い所から一気に奥に突けば 、

悲鳴に近い甘い矯正を零していく 。










『 ぁっ 、 ゃ 、 あぁ 、 ! 』



「 言葉が出ない程なんだぁ 、

ほーんと変態さん 。 」



『 ぁ 、 たかはし っ 、 さ っ ! 』



「 またイっちゃうんだね 、

… ふはっ 、 一緒にイってあげる 。 」



『 ん ッ 、 っぁああ !!! 』










俺はあなたのナカに欲望を吐き出す 。


まだ力が入ってないあなたの脚を力強く抱え 、

自分の欲がドクドクと彼女のナカに流れ込む 。






余韻に浸る中 、

ベッドに横たわっているあなたを見ればビクッビクッと痙攣を起こし 、

まだ繋がったままナカに入っているモノがきゅう、っと締め付けられる 。







『 あっ 、 ぅっ 、 ふぁ 、 』



「 ふはっ 、 気持ちよかったね 。

… ここ 、まだビクビクしてるね 。 」






そう言うと一気に自分のモノを引き抜く 。






『 ふぁ ッ 、 ! っぁ 、 』







抜いただけなのに

甘く蕩ける声を出す君は 、


__ 快楽に溺れた従順な雌になっていく 。

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

続きはまだありません

この作者の他の作品も読んでみよう!

"     ℳ .   ୨୧
" ℳ . ୨୧
K P _ ୨୧⑅*. . 元占ツクNo.1小説家 .
恋愛の作品もっと見る
公式作品もっと見る