無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第10話

こ ー ゆ ー コ ト 。 # ⒈
「 ふふっ 、 彼氏さん可哀想に 」



『 … っ 、 』



「 まあ 、 俺は知らないけど 。 」










そう言って あなたを押し倒す 。














「 ゾクゾクするなあ 、 」



『 … ひっ 、 ん 、 ッ 』









深い深い口付け 。

今にも溶けちゃいそう 。













「 ん 、 ねぇ 。

カレシとシた事ないの ? 」



『 っは 、 な 、 なにを ? 』



「 こーゆーコト 。 」














服の中に手を侵入させ 、 膨らみを弄る 。








『 っひ 、 ! んぁ 、 ッ 』



「 なに 、 感じてんの ?

やっぱシた事無いんだあ〜 。 」



『 ぁや 、! やだ ッ 、 っあ 』



「 ほらほら 、 ご主人様に逆らっちゃダメでしょ ? 」



『 あ ! っひ 、 んぁ ! 』













あなたはビクビクと痙攣して

イった 。













「 イっちゃったの ?

あなたいんらーん 。 」



『 …ぁ ? ッ 、 』



「 此処はどうなってるのかなあ〜 」








ショーツをずり下げて 、

まじまじとみる 。










「 うっわ 、 此処トロトロだよ ?

そんなに触られるの気持ちよかったの ? 」



『 そんな 、 とこ きたな い ッ


ひああああああ ッ ?!?! 』









齧り付くかの様にジュルジュルと吸い上げる 。


吸えば吸うほど蜜が零れて 、

ぐちゃぐちゃになっている 。








『 ひあ ッ 、 !

きたな い からぁ 、 ッ



ぁっ 、 ぁっ 、 くる ッ ! 』







身体を仰け反りながら

またイった 。



相当気持ちよかったみたい 、 だね ?







シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

"     ℳ .   ୨୧
" ℳ . ୨୧
K P _ ୨୧⑅*. . 元占ツクNo.1小説家 .
恋愛の作品もっと見る
公式作品もっと見る