無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第4話

気 に な っ て 。
海人 side _








「 これ 、 家事やってくれんの? 」








楽屋でまったり過ごしていた頃 。

廉にオススメされたこれ 。








「 もうな 、 自分がやるよりめっちゃ綺麗やで ?

家事とかめんどいし 、 海人もやってみれば ? 」












そりゃあ 、 メイドさんだもん 。

綺麗に出来て当たり前でしょ 。




まぁ 、 正直 。

料理もめんどくさいし 、 洗濯物も掃除も後に残してしまうタイプ 。














「 やってみよっかな 、 」



















この選択が運命の出逢いだった 。

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

"     ℳ .   ୨୧
" ℳ . ୨୧
K P _ ୨୧⑅*. . 元占ツクNo.1小説家 .
恋愛の作品もっと見る
公式作品もっと見る