無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第21話

。。
勇太side

坂口 はな
ね、はやく来て?
神宮寺勇太
神宮寺勇太
、、
坂口 はな
先輩、、はな、勇太先輩の身体はやくみたいな
何してんだろ、俺。

あなたは家でご飯つくって待っててくれてる。

さっきの写真だってたまたまかもしれないし
神宮寺勇太
神宮寺勇太
俺、やっぱr...んッ。。


"俺、やっぱり帰る"

そう言いたかった。

けどそれは、はなちゃんの唇によって遮られて、、

言いたかった言葉が、2人の吐息によってかき消されていく。





これでいいのか、、


俺は、あなたしか愛してないのに。、

こんなことしてて、言える?


面と向かって、愛してるよ?って。。
神宮寺勇太
神宮寺勇太
んッ。。ハァハァ   ごめん!


俺は、はなちゃんを軽く突き飛ばしてお金を置いて、、駅に走った。。


ごめんね、あなた。俺、こんな奴で。

他の人とキス、、しちゃった。

ごめんじゃ許してくれないよね



。。。。

in家
家、、暗い?
神宮寺勇太
神宮寺勇太
ただいま。あなた?ごめん、遅くなって




。。

反応がない。

あなた?まだ帰って来てない?

事故とか、、?








とりあえず、電話。


プルルル プルルル


(おかけになった電話番号は...


どうしたんだろ。

もう3回も掛けたけど繋がらないし。








勇太
((あなた?勇太だけど、残業?まだ帰ってこない?連絡ください。))











あなた、、ごめん。

愛想つかれちゃったのかな。


俺から居なくならないで、あなたが居なかったら俺、、生きていけないよ。。








お願い、俺のとこに戻ってきて、、