無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第30話

。。
勇太side



はー、こんなに幸せな朝。。


いつぶりだろ。





目が覚めたら隣りにはかわいい奥さんの寝顔、、



ほんと、、かわいい。


昨日の夜の大人っぽいあなたは、どこに行ったのか、、、って思うくらい寝顔がかわいくて愛しい。



あなた

ん、、勇太だぁ。おはよう、、

神宮寺勇太
神宮寺勇太
おはよう
あなた

んふふ

神宮寺勇太
神宮寺勇太
なんで笑ってるの?
あなた

幸せだなーって

神宮寺勇太
神宮寺勇太
そっか、、久々だね?こうやって朝おはようするの。
あなた

うんっ!ずっとこうしてたいなー。



実は昨日、寝る前手繋いで寝たから今までずっと繋いだまま。



嬉しくていいけどね、。

俺もずっとこうしてたいけど、、
神宮寺勇太
神宮寺勇太
あなた見て?こんな時間!遅刻しちゃう
あなた

ほんとだー!やばい




そういって呆気なく離されたあなたの左手が、妙に悲しく寂しく感じた。



溺愛度増しちゃったかな、、?


引かれそう、、、笑





。。。。



朝ごはんも食べて準備完了。


だけど、、
あなた

雨だねぇ。

神宮寺勇太
神宮寺勇太
結構降ってるね?
あなた

勇太と久しぶりに会社一緒に行くの楽しみにしてたのに、、。





あなた、、。


なんか、かわいすぎる。
神宮寺勇太
神宮寺勇太
車で行く?今日は。
あなた

えっ!!!いいの?

神宮寺勇太
神宮寺勇太
今日は特別ね?
あなた

うんうん!やった!

やっぱ喜んでくれると思った。

いつもなら渋滞しやすいからあんまり車で行かないんだけどね、、



やっぱりあなたは、特別だな、、






こんな毎日がずっと続けばいいな、、、。