無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第13話

。。


すいません、よく私題名の数を間違えちゃうのでめんどくさいので 。。 にします!


以上です。本編スタート⇩⇩⇩




次の日 朝


あなたside
神宮寺勇太
神宮寺勇太
やっぱ今日から車にしよ?
あなた

でも、駐車場借りれないんじゃないの?

神宮寺勇太
神宮寺勇太
なんと、昨日空きが出て借りれるようになったの
あなた

ほんと?やった

神宮寺勇太
神宮寺勇太
なんで?そんな嬉しい?
あなた

うん、だって、勇太の運転姿めっちゃ好きだもん

神宮寺勇太
神宮寺勇太
えー、なんか、照れるー
あなた

ホントのことだし笑

神宮寺勇太
神宮寺勇太
じゃあ、行くか
あなた

うん、




満員電車からおさらばだー!


幸せ。。


満員電車じゃなくなるからだけじゃなくて、ほんとに勇太の運転してる時の腕の筋とか、横顔とか、



ミラーごしにある目とか、、全部好きなんだもん。


ほんとに幸せだなー、、
神宮寺勇太
神宮寺勇太
車酔い平気?
あなた

うん、大丈夫



ほら、こうやって気を使ってくれるとこも、、

inオフィス


2人((おはようございます
部長
おお、今日は早いんだな。
神宮寺勇太
神宮寺勇太
はい、笑
車にしたんで
部長
そうか、そうか
永瀬廉
永瀬廉
あなた先輩〜、おはようございます
あなた

おはよう

永瀬廉
永瀬廉
昨日どうしたんすか?
あなた

え?

永瀬廉
永瀬廉
や、休んだじゃないですか、、
あなた

あ、そ、そうだったね

永瀬廉
永瀬廉
なんか、怪しー。夫婦揃って休みだし、、
あなた

か、風邪引いちゃって ゴホッゴホッ

永瀬廉
永瀬廉
ふぅーん。あと、昨日連絡したんすよ?
あなた

そ、そうなの?

やばい、全然気が付かなかった。




ほんとだ、、



((あなた先輩大丈夫すか?
なんか、ありました?風邪ですか?気づいたら返信ください))
あなた

ほんとだ、ごめん!

永瀬廉
永瀬廉
ちょっ、今読まんといてください
あなた

な、なんで?

永瀬廉
永瀬廉
恥ずいっす
あなた

心配してくれてたんだね?ありがと〜



ポンポン。。


私、いい後輩持ったなー
永瀬廉
永瀬廉
////
廉くんがそのとき照れてるとも知らず、、



そして、誰かがそれを見てたのにも気づかず。。





。。。。
お昼



ピコンッ


勇太
((ごめん、今日帰り電車で先に帰ってて。
取引先との商談で遅くなるから。ごはん楽しみにしてる(^-^)))


勇太が絵文字とか珍し。

そっか、帰りは勇太の運転姿見れないんだ。。

じゃあ、近くに安いスーパーあるらしいし、そこで買ってから帰ろ。。


あなた
((了解〜!頑張ってね!買い物して帰る))
永瀬廉
永瀬廉
会社なのに旦那さんとメールっすか。。

ラブラブじゃないっすか。
あなた

そ、そんなことないよ。

永瀬廉
永瀬廉
この間、あんなに悩んでたの嘘みたいやん
あなた

へへっ。まぁいいの!

永瀬廉
永瀬廉
はーい、ほら、もう、行きますよ?また、残業になりますけど?
あなた

あ、はーい。今行きまーす。




この時、私は気づかなかった。。

この幸せな日常がいつまでも続かないことを、、