無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第18話

。。
あなたside


inお風呂

はあ、。。

もう、頭の中は勇太でいっぱいで。

なんで、商談なんて嘘ついたの?とか、はなちゃんと、ラブホに入って行ったの?とか、、


考えてれば考えるほど、頭は、勇太でいっぱいになって。

昨日を思い出して、悲しくなって。

愛してるって言ってくれたのはなんだったの?

私じゃ物足りなかった?

あなたの愛してるは、行為の中でしか聞けない。





やっぱりあなたは、私を愛してないんだね、、


永瀬廉
永瀬廉
_あなた先輩、、?泣いてる
あなた

え、?、れ、廉くん

永瀬廉
永瀬廉
あ、ちゃいますよ、ただ着替え持ってきただけなんですけど、、泣き声聞こえたから
あなた

あ、、そっか。ごめん、ごめん。大丈夫だから、、ありがとう

永瀬廉
永瀬廉
はい、、。
俺、泣いてる先輩、かっこ悪いなんて思いませんよ、、?だから、いつでも俺の前で泣いてください



ドア越しに聞える廉くんの声が、今の弱った私の心に深く響いて、、

ガラスのようになった私の心がこれでもかと言うくらいに砕け散って。。

涙が止まらなくなってしまう。
永瀬廉
永瀬廉
今、抱きしめに行ったら怒りますか?
あなた

グスッ

怒らない。。だから、来て、、

自分の快楽の方へと進んでいく


濡れちゃうのに、お構いなしに抱きしめられて。。


私の中から、、、


勇太を忘れさせて、