無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第3話

ひみつ
あなた「やばい!健人くんカッコイイ♡」


こんにちは、

みんなは少クラで中島が披露したBecause Of 愛 みた??





それを今あなたが見てるんだけど、、、





ずっと、




"健人くんカッコイイ" とか

"この演出やばい !" とかぁ ~


" ジュニアの子ダンス上手ね! まって、この子イケメン!!☆"



中島を超えてジュニアまで手出しちゃって




































彼氏がよこにいるんだよ??





なのに、ずっと少クラみて、黄色い歓声あげちゃって、



夜の営みの時もそんぐらいの声だしてくれともいいんだよ?笑笑





って変態か。




もぉ、なんだよ。
っていうか、これリピート3回目なんですけど。
なんておもっていると、
やっとこさ、おわったみたいで……
あなた「やばい!風磨みてたー?? 健人チョーかっこよかったんだけどぉ~」

風磨「みてない。」

あなた「え、みてないの?さっきあたしがみてたやつだよ??」

風磨「みてない。」

あなた「風磨なんなおこってる??」
おいおい。あなたさん。





彼氏以外の男をずっとみてて怒らない男はいないぞ?



いたら、ハグしたいよ。
風磨「おこってるよ。」

あなた「え、え、なんで??」


風磨「なんもわかんないの?」

あなた「うん。」

風磨「そぉかー、まだまだ俺の愛情がたりなかったのかな?笑」






おれはいいことを思いついてしまった。








風磨「あなたはおれのことすきじゃないのかな~笑笑」

あなた「そ、そ、そんなことないよ」

風磨「でも、中島のほうがかっこいいんでしょ?」

あなた「え?」

風磨「おれ、そんなにたくさんカッコイイとかいわれたことないけど。」

あなた「風磨もしかして、嫉妬してたの?」

風磨「な、ッ んなわけないだろ 。 もぉおこった。」




あなた「ごめんってー。機嫌直してーおねがいだから。」


風磨「じゃあ、あなたからチューしてくれたら、許す」



それを、いうと、すぐに顔を真っ赤にするあなた
あなた「えー?! はずかしいよ」


風磨「じゃ、機嫌直さん。ずっっっとおこってる。」


あなた「わ、わかったよ~。」


あなたはしぶしぶチュッ とキスをしてくれた。






















中島に嫉妬したことはずっとあなたにはないしょね。

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

菊池 萃香
菊池 萃香
🌷自己紹介🌷 ○名前○ 菊池 なつき ○学年○ JK 2 🌸 ○すき○ きくち ふうま 裙 (( セクシーゾーン 🥀 きし ゆうた 裙 ((キング & プリンス 👑 TWICE 🍭
恋愛の作品もっと見る
公式作品もっと見る