無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

115
2020/04/28

第3話

シェアハウス?!
マネージャーを初めてから約2週間が経つ。

撮影の手伝いにはだんだんと慣れてきた。

でも、あるよにの撮影する家が東京で私の家が埼玉だから移動するの意外と大変なんだよなぁ…
ねぎりょー。
ねぎりょー。
ねぇ、あなたちゃんって家からここまで来るの大変じゃないの?
ねぎさんが不思議そうに訪ねてきた
あなた

うーん…意外と大変かなぁ…
でも、別に苦ではないよ!

村上チハヤ
村上チハヤ
俺さぁ、思ったんだけど一緒に住んじゃえばいいんじゃない?
あなた

…え?!

チハヤくんのいきなりな提案に私は驚きが隠せなかった
村上チハヤ
村上チハヤ
あ、別に変な意味でじゃないよ?!
ただ、一緒に住んでた方が撮影する時もスムーズだろうし…
もち
もち
それええな!
一緒に住む…かぁ…
フレント
フレント
僕は、あなたちゃんが嫌なら別にしなくてもいいと思うけど
フレントくんは私に無理がないように選んでいいよと促してくれた

でも、好きなYouTuberと一緒に住む…シェアハウス…二度とないチャンスかもしれない←
あなた

メンバーみんながいいって言ってくれるなら一緒に住むかな…
でも、誰の家に住めばいいのかな?

ねぎりょー。
ねぎりょー。
俺、思ったんだけどみんなで住んじゃえばいいんじゃない?
楽しそう(笑)
…メンバー4人とひとつ屋根の下!?

すごく…いi((殴
フレント
フレント
それいいね!
もちさんあなたちゃんのこと襲わないでね?!
もち
もち
は?!襲わないわ!
ねぎりょー。
ねぎりょー。
この、撮影ハウスが空き部屋たくさんあるしここでみんなで過ごせばいいと思うんだ、
村上チハヤ
村上チハヤ
めっちゃ楽しそうじゃん!俺すぐ準備する!
チハヤくんは目をきらきらさせながらそう言って撮影ハウスから飛び出して行った