無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

391
2021/08/05

第42話

42
スタッフ
スタッフ
もっと喘げよ。バシッ
男の人は指を激しく動かし始めた。



裸になってる自分が恥ずかしいという感情はなく、



もう死を覚悟していた。
モモ
モモ
みーたん!どこにいるの!
聞こえてきたのは大好きなメンバーの声。



残ってる最後の力を振り絞って声を上げた。
ミナ
ミナ
も、も、、りん
ダヒョン
ダヒョン
ここからなんか聞こえませんでした?
ツウィ
ツウィ
鍵がかかって開きません…
メンバーの声を聞いて焦ったのか2人は逃げた。
スタッフ
スタッフ
おい、またやるからな。
スタッフ
スタッフ
覚えとけよ。
ジヒョ
ジヒョ
ミナヤ!
その時、扉が開き駆けつけてくるメンバー。
ミナ
ミナ
ジ、ジ、、ヒョ
裸でいる私にコートを着せてくれたジョンヨンオンニ。


男の人とやった後処理を無言でしてくれるナヨンオンニ。


怖かったねと声をかけてくれるももりん。


頭をなでてくれるさーたん。


マネにあった事を説明しているジヒョ。
給食団
給食団
………//
ダヒョン・チェヨン・ツウィには少し刺激的だった。
ミナ
ミナ
ご、、ご、め、、ん、、なさい。
ジョンヨン
ジョンヨン
喋らなくていいから。
NEXT→