無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第5話

あなたSibe
赤葦京治
赤葦京治
バカあなた、仕事覚えた?
赤葦が来た
第一声それ?
バカって何だよ、バカって
私こう見えてバカじゃないんだぞ!
三井あなた
三井あなた
覚えたけど?( -ω- `)フッ
成績優秀(←嘘)容姿端麗
かんぺーきなあなた様が
覚えれない訳がないだろ!?
めっちゃドヤ顔してやった
そしたら冷めた目で見られた
え、悲しい、そんな目で見るなぁぁ←
赤葦京治
赤葦京治
木兎さんが呼んでる
木兎さん?
赤葦が話題に出してるあの木兎さんかぁー
え、どんな人なんだろう
気になる気になる
三井あなた
三井あなた
木兎さん、お呼びでしょーか
赤葦と一緒に体育館へ戻ると
木兎光太郎
木兎光太郎
へいへーい
変人が居た((人の事言えない
え、何、何この人(失礼)
私のイメージと凄く掛け離れている
~あなたの脳内~
三井の脳内の木兎さん
三井の脳内の木兎さん
俺は木兎だ。よろしくな、あなた
三井あなた
三井あなた
はいっ!
凄くイケメンで
落ち着いててリーダーシップがあり
男前で優しい!!
~あなたの脳内end~
全然違うじゃねえか!!!!
イケメ…ン??かは知らないけど
全然落ち着いてない!むしろうるせえ!
リーダーシップ?なんだそれ!
赤葦の方がしっかりしてるのでは?
優し…いのか?まぁそれは置いといて
決して男前とは言えない
うん、元気な運動系タイプだな
木兎光太郎
木兎光太郎
よろしく!!!!
うん、無駄に声が大きい
鼓膜破れるぞ??
そして握手を求められている
うん、握手したね
したけどこの人パワー5リラだから
手が…手がね…((察して
このクソゴリラぁぁぁぁぁ(白目)
私、ほんとにこの部でやって行けるのか…