無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第34話

33_
あなたside
まぁ莉犬くんところちゃんだし話してもいいよね
(なまえ)(メイクなし)
あなた(メイクなし)
私が地味メイクをしてる理由はね
(なまえ)(メイクなし)
あなた(メイクなし)
愛花に言われたからなんだ……
(なまえ)(メイクなし)
あなた(メイクなし)
引き立て役にされるのは
(なまえ)(メイクなし)
あなた(メイクなし)
お母さん達が亡くなってから
(なまえ)(メイクなし)
あなた(メイクなし)
ずっとだったし……
ころちゃん
そうだったんだね……
莉犬くん
あなたちゃん……
(なまえ)(メイクなし)
あなた(メイクなし)
あ、もう慣れたし!大丈夫だから!
ころちゃん
いや慣れたらダメでしょw
(なまえ)(メイクなし)
あなた(メイクなし)
あ、そっかw
莉犬くん
この話は終わり!
(なまえ)(メイクなし)
あなた(メイクなし)
そうだね!
ころちゃん
ってかさとみくん達もう行ったの?
(なまえ)(メイクなし)
あなた(メイクなし)
そういえば声聞こえてこないね
莉犬くん
朝早くに行ってたよ?
(なまえ)(メイクなし)
あなた(メイクなし)
そうなんだ~!
ころちゃん
ねぇ僕ら学校ヤバくない?
その場にいる人達
え……?(莉犬&あなた)
✂️--------キリトリ--------✂️