無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第33話

32_
ころんside
準備をしてあなたの部屋に向かった
ガチャ
ころちゃん
莉犬くん~!あなた~!来たよ~!
(なまえ)(メイクなし)
あなた(メイクなし)
あ、ころちゃん!
ころちゃん
え!?
ころちゃん
ど、どういうこと?莉犬くん
(なまえ)(メイクなし)
あなた(メイクなし)
あ、いつものは地味メイクなんだよね
ころちゃん
そうなの!?
(なまえ)(メイクなし)
あなた(メイクなし)
うん……
莉犬くん
その理由を今から説明してもらうの!
ころちゃん
そうだったんだ……
(なまえ)(メイクなし)
あなた(メイクなし)
じゃあ説明してもいいかな?
その場にいる人達
うん!((あなた抜き
✂️--------キリトリ--------✂️