無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第68話

66_
莉犬side
モブ
じゃあ~
モブ
キスでもしよっかぁ~❤️
莉犬くん
は……?
莉犬くん
お前となんてしたくない!
モブ
でもぉ~
モブ
莉犬くんは今動けないんだよぉ~?
そうだった……
でも……でも!
モブ
おとなしく私とキスしようねぇ~?
莉犬くん
や、やだ……(泣)
モブ
怯えちゃって可愛い~❤️
バン
(なまえ)(メイクなし)
あなた(メイクなし)
莉犬くん!!
そう言って現れたのは俺の大好きな人あなただった__
✂️--------キリトリ--------✂️
リン(作者)
もうそろそろこのシリーズ終わるね
リン(作者)
そしたら最終回に向かって一直線!
リン(作者)
早く終わらしたいからね
リン(作者)
頑張るよ