無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第2話

日 常













『ぐんも〜』 佐久間「ぐんも〜」




すの「おはよう」




深澤「今日も寝坊?」




『のーのー』




阿部「なんで英語なの」




『さくまのアニメイトに着いていってたの』




『ついでにタピオカも奢ってもらったぁ』




岩本「は、俺のも買ってこいよ」




『だってよさくま』




佐久間「俺!?」




『うん、俺』




佐久間「なんでだよw」




『そだ、しょっぴーおすすめの美容液ない?』




渡辺「これおすすめ」




『欲しい、買って』




渡辺「可愛くお願いしてくれたら買ってやる」




目黒「しょっぴーそれはない」




ラウ「しょっぴーなんかやだ」




渡辺「うっせ」




『しょっぴー、これ買って?』(上目遣い)




渡辺「ぐはっ、」




向井「しょっぴーやられてるやんwww」




渡辺「これ耐えれる人いないって」




『買ってくれる?』




渡辺「うん、買う何個でも買う!」




『やったぁー!』




深澤「過保護に育てすぎたか」




宮舘「もうちょっと厳しくしてもいいかもね」








あなたちゃんに甘々なSnowManでした