無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第18話

 










『いただきます…』





宮舘「どう?」





『辛っっっ!!!!むりむりむり!!!!』





渡辺「はっはぁ⤴」





『ちょっ、笑い事じゃないんだって』





『口が痛い、』





阿部「はい、水」





『あべべ好き。』





阿部「あぁ、ありがとうw」





『誰か食べてみてよ』





ラウ「僕食べてみたいかも」





深澤「無理だけはすんなよ」





『それ私の時には言わなかったくせに』





深澤「あなたには言わないよwww」





『なんでよー!』





ラウ「ねね、食べていい?」





深澤「あ、ごめんごめんどーぞ」





ラウ「いただきまーす」





目黒「お前大丈夫?」





ラウ「あ、これはいける」





佐久間「え、嘘じゃんwww」





ラウ「ほんとほんと、食べてみてくださいよ」





佐久間「いただきまーす!」





佐久間「あ、ほんとだこれはいける」





『え、なんか私が大袈裟にリアクションしてるみたいじゃん』





宮舘「これ、辛さ5段階で言うと0.5くらいだよ」





『絶対嘘じゃん、10くらいはあるって』





岩本「いや、普通にあなたが辛いの弱いだけwww」





向井「これみんな食べれるんちゃうん?」





渡辺「俺でもいけるもん」





『ねぇもういいじゃん、終わろ?』





深澤「だめ、完食するまで終わんないから」





『じゃあもう少し減らして?次頑張るから』





向井「やって、どーする?」





スタ「じゃあ多数決で決めてください」





深澤「じゃあもう少し減らしてもいいと思う人ー」





すの「はーい」





深澤「全員一致で減らしてもいいと言うことになったのでどーぞ減らしてください」





『みんな好き。まじでありがとう』





目黒「そのかわり、次の企画頑張れよ」





『もう全力で頑張るわ』









その後半分減らしても尚、30分以上かかったそうですw
















どーも作者です

最近出せてなくてごめんなさい🙇🏻‍♀️
部活始まって、忙しくなったので週一投稿にしますね
+👤🌟外さないでいただけると嬉しいです💖
時間があればどんどん投稿しますね!!!
もうひとつのふっかのお話は消すかも