無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第27話

心 霊 バ ス .










【】ナレーション
《》スタジオ
( )スタッフ







【今回のターゲットは今人気急上昇中のSnowMan
深澤辰哉と森宮あなた】





『お邪魔しまーす』





深澤「ここは家か」





『なんか癖になったんだよねwww』





深澤「www」





《あなたちゃん面白すぎやろww》
《天然なんですかねw》





【楽しげに話しているとここで森宮があるものに気づいた】





『ふっか見て!!!塩がある!!!』





深澤「え、なんで塩?」





『これって食べていいの?』





深澤「絶対やめろ、腹壊すぞwww」





【普通は置かれるはずのない塩が置かれていてもまだ
余裕の表情を見せる2人】
【そんな2人に最初の怪奇現象を】





‘‘お母さん…お母さん…’’





『え、聞いた今』





深澤「聞いた、お母さんって」





『私たち以外に誰も乗ってないよね?』





深澤「うん」





『お化けいるんじゃない?』





深澤「やめろよ」





『ふっかビビってんの?』





深澤「ビビってねーし!!!」





《めっちゃビビってるやんけwww》
《あなたちゃんよりビビってるw》
《男子特有の強がりだなw》





【少し表情が固まってきた深澤に対してまだ余裕の表情の森宮】
【続いては吊革が落ちる仕掛け】





『うわっ!!!』





深澤「つり革落ちてきた…」





『運転手さーん、つり革落ちましたよー』





深澤「ねぇおかしいって」





『やっぱビビってんじゃんwww』





深澤「そうだよ、ビビってるよ!!!」





『あ、認めたwww』





『まぁ大丈夫だって』





深澤「そういう奴だいたいホラー映画で最初に死ぬ奴」





『間違いないwww』





【若干ビビっているがまだまだ余裕そうだ】





《すごいなぁ》
《深澤くんあなたちゃんの手握ってるww》
《怖いんかいw》





【そんな2人にさらなる仕掛けが襲いかかる】





深澤「待って待って、ドアの向こう女の子いる」





『あ、ほんとだ!!!』





深澤「ねぇもう絶対そうじゃん、もう確定じゃん」





『可愛い〜!!!』





『お友達になろ〜』





深澤「なんでそんな余裕なのさww」





『あの子はお化けじゃないでしょ』





深澤「強いなあなたは」





【ここでいよいよドッキリはクライマックスへ】





『えっ、なに?』





深澤「運転手さん電気!!!」





『えぐいてぇ』





深澤「早く早く!!!」





『落ち着け、深澤辰哉』





深澤「やっぱりおかしかったじゃん!!!」





《めっちゃパニックになってるwww》
《あなたちゃん冷静やなぁ》





『あ、ついた』





深澤「よかった」





深澤「うわぁぁぁぁぁ!!!」





『え、なになに?』





深澤「いる、さっきの子がいる!!!」





『ほんとだ!!!』





『こんばんは!!!』





‘‘あなた、私が見えるの?’’





『見えるよ〜可愛いね』





深澤「話しちゃダメだって呪われる!!!」





『そんなこと言わないで!!!可哀想でしょ』





深澤「だって!!!」





『だってじゃないから!!!』





【このままだと喧嘩になりそうなのでモニタリング終了】





深澤「なに!!!」





(T〇Sのモニタ〇ングです)





深澤「よかったぁぁぁ」





『え、この子は?』





(お化けじゃないです)





『ほら〜』





深澤「だってあの状況だったらお化けだと思うでしょ」





『ふっかは隠れビビりだね』





深澤「心臓止まるかと思った」





『お疲れwww』





【深澤さん、森宮さんありがとうございました!!!】












💖×30でNEXT
こんなに書いたの初めてかも