無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第26話













『とーちゃく!!!』





佐久間「よっしゃいくぞー!!!」





向井「おー!!!」





深澤「転けんなよー」





宮舘「まじでお母さんじゃんw」





深澤「あの3人見てたら心配になんのよw」





岩本「それは分かるwww」





『ねぇねぇ!!!火つけていい?』





佐久間「いいよ!!!」





目黒「俺も入れてー!」





ラウ「僕もー!」





向井「おいで〜みんなもこっち来ぃや!!!」





阿部「今行く〜」





『いくよー?』





すの「いいよー」





『着火!!!』





渡辺「すっげぇ!!!」





目黒「俺も火ちょうだい」





『はいどーぞ!!!』





ラウ「綺麗だね!!!」





宮舘「時間もぴったりだね」





岩本「たくさんあるしバンバンやろうぜ!」

















その後いろいろ遊びまして…





『最後に線香花火みんなでしよ!!!』





向井「早く落ちた人罰ゲームにしようや!!!」





『じゃあ負けた人みんなにジュース奢りで』





『よーいスタート!!!』





目黒「え、待って俺もう落ちそうなんですけど」





渡辺「がははははは⤴」





ラウ「しょっぴー笑わないで!!!」





渡辺「えっ、」





すの「wwww」





『おい目黒!!!フーフーしないでよ』





目黒「落ちろ落ちろ落ちろ落ちろ落ちろ落ちろ」





阿部「怖いからやめてwww」





『こうなったら私も』





目黒「おい、お前こそフーフーすんなよ!!!」





『やり返しただけだし〜』





深澤「ふざけてると2人とも落ちるよ」





『大丈夫だっt…』





「『 あ!!! 』」





目黒「最悪」





『ねぇ目黒のせいじゃん!!!』





阿部「お互い様だよwww」





ラウ「めめとあなたちゃんが奢りー!」





『一生恨むかんな』





目黒「こっちのセリフだし」















その後割り勘でメンバー分奢ったそうです




ㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤ