無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第28話

歌 詞 ド ッ キ リ .












『どーも!!!森宮あなたでーす』





『今回なんで1人かと言うと!!!』





『ドゥルドゥルドゥルドゥルドゥルドゥルドゥルドゥ…』





スタ「長いからwww」





『あ、すまんwww』





『えー、メンバーに歌詞ドッキリしてみた!!!です』





『今ね、楽屋でみんな待機してるんだけどそこで誰かに電話かけて「最後の電話」って歌でドッキリかけようと思います!!!』





『じゃ、早速かけていこうと思います!!!』





プルルル





深澤「はいはーい、どしたー?」





『今みんないる?』





深澤「いるけど、なんかあった?」





『スピーカーにしてほしいの』





深澤「わかった、?」





佐久間「あなたどうしたのー?」





『あのね、話を聞いてほしいの』





岩本「楽屋に帰ってきてからにすればいいのに」





『あのね、辛いんだ』





阿部「なにがあったの?」





『私ね、やりたいこと沢山あったんだ』





『でもね、やりたくないことしか見えなくなっちゃった』





ラウ「あなたちゃん?大丈夫?」





『それにね?「辛い」って言ったら「本当に辛い人は辛いって言えない」って言われてさ』





向井「そんなことない!!!辛かったら辛いって言っていいんやで!!!」





『もうわかんなくなっちゃった』





宮舘「とりあえず戻っておいで?ゆっくり話そうよ」





『だからこれは最後の電話にしようと思って』





渡辺「ねぇ、最後って何?最後ってどういうこと?」





目黒「お前、まさか死のうとしてねぇよな?」





『じゃあ』





『来世で逢いましょう』





深澤「おi…」プーップーッ





『うわぁすごい申し訳ない気持ちでいっぱいだ』





スタ「とりあえず涙拭いてwww」





『ねぇどうしようどうやってネタばらしすんの?』





スタ「考えてないんかい」





『うん』





スタ「よく聞いてみ、みんなの声聞こえるよ?」





『あ、ほんとだ!!!行ってくる!!!』





岩本「あなた〜!!!」





佐久間「どこいんの!!!」





『みんな〜泣』





ラウ「あなたちゃん!!!泣」





『ごめんね、これドッキリなんだ』





すの「は?」





『歌詞ドッキリしてみた』





深澤「お前ふざけんなよ!!!」





目黒「心配して損したわ」





渡辺「絶対寿命縮んだ」





向井「でも良かったわ〜」





岩本「罰として焼肉奢りな」





『はい、奢らせていただきます。』





『まぁ、みんなの愛がわかったということで以上!!!』
『SnowManでした〜』





阿部「撮ってたの?」





『あ、言ってなかったねごめんごめん』





『じゃあもう1度、以上!!!』





すの「SnowManでした〜」












ㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤ
💖×35NEXT