無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第20話













深澤「簡単に説明すると30分スマホ無しで一人で過ごすということです」





『え、待ってスマホなしは無理!!!』





深澤「それに加えて、楽屋から出るのも禁止です」





『ほんとに帰りたい。』





阿部「5分もじっとしてらんないもんねwww」





渡辺「しょっちゅう動いてるかんね」





宮舘「なんなら5歳児の方がじっとできてるもん」





ラウ「間違いないwww」





『みんな酷くない?』





すの「www」





目黒「でもさ、何かに集中すれば全く動かないよね」





佐久間「確かに!」





向井「そや!なんかに集中すればええんや」





『でもなんかってなに?』





岩本「それを自分で考えるんでしょ」





『あ、そういうこと』





深澤「まぁとりあえず頑張ってくださーい」





ラウ「その間俺らってどーすんの?」





深澤「別室でモニタリングします」





目黒「なんかちょー楽しみ」





『さっさと終わらせよ、うん』





深澤「さっそく企画に移りたいと思いまーす」
















またまたセーフ!!!
ラウちゃん誕生日おめっとー
10代でセンター任されて色んなこと背負ってるラウちゃんはかっこいいよ
これからもすくすく育てよ!!!←誰だよwww



あとみんなリムらんとって